小物どうするねん問題

顧問のタナカカツキです

本日も、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽事をやっていると、このように、ストックの器具

今は使わないんだけど、一応取っておこう的な小物が増えつづけます

 

 

IMG_7942.jpg

 

 

ほんとに使わないものは、じゃんじゃん捨てておりますが

それでも、溜まってゆきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も、逆止弁が壊れて、ストックあったかな〜って探して

あった!ストックあった!とっといてよかった〜!なんてこともありました

 

 

IMG_7943.jpg

 

 

小さなモノなので、捨てないで、とっておいてよかったなと思いましたが

小物はひとまとめで箱の中にしまってあったので

探すのに、時間がかかりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要なものを必要な時にすぐ取り出せるよう、小分けで管理することにしました

以前から、やりたいな〜と思っていましたが

10年目にしてやっと、重い腰があがりましたw

 

 

IMG_7944.jpg

 

 

アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-310

アマゾンで購入しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分けた〜〜〜〜

 

 

IMG_8012.jpg

 

 

こういう骨の折れる作業は、なにかいろんなことを忘れて集中できるので

嫌いじゃないです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収納〜〜〜〜

4×6の引き出し、まだ余裕ありますね

 

 

IMG_8013.jpg

 

 

うっすらの中のモノが見えておりますが、ほんとはラベルなんか貼るといいんでしょうねえ

それはまた10年後に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

 

IMG_8015.jpg

 

 

引き出しに入らなかったものをどうしよっか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ほったらかしても

顧問のタナカカツキです

 

本日も、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急勾配のあるレイアウトは

ミスト式で下草を絨毯化させ、しっかりと根張りをさせてから

注水しても崩れない、強い地面の上で行いたいものです

 

 

DSC01722.jpg

 

 

そんな強い地面を作ります

 

上部の方、光が強すぎるのか枯れておりますが

やがて地面を覆うほど展開してくれることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほったらかしとけば、下草は絨毯化してくれます

 

 

DSC01872.jpg

 

 

緑が地面を覆えば、流木を配置し

注水して、色とりどりの有茎草でレイアウトしてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっかり、ほったらかしすぎると

 

 

DSC03034.jpg

 

 

もっさもさ〜〜〜〜〜になっちゃって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミングしたとしても

下の方の葉は変色しているんじゃないですかね

 

 

DSC03035.jpg

 

 

トリミングするのが恐い…見て見ぬふりがつづいて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうなんか、どうしていいかわからない程、もっさもさ

 

 

DSC03039.jpg

 

 

まあ、これは、こういうものとして

水草のストック水槽ということにしましょう(解決!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもリセットしてから水草置き場に

 

 

DSC02831.jpg

 

 

有茎草ビロ〜〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水草は、こちらがハサミを入れるまで成長し続けます

 

 

DSC02606.jpg

 

 

ほったらかしても美しい水草でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 04:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その4

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uタワー上部まで注水完了〜

 

 

 

 

フィルターの運転開始!モーター音静か〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミリオフィラムの子株だけをひとまとめにして

 

 

 

 

レイアウトに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部、石と石の間に差し入れる

 

 

 

 

白砂で細流を作って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚を入れて、出来上がり

 

 

 

 

小型水槽なので、小さな魚(ラスボラブリジッタエ)をチョイス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンターで出力したグラデーションのバックスクリーンを撮影用に貼りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の水槽だと、ヒーター、パイプ、配管、器具だらけになって水槽内はごちゃごちゃして

せっかくの細かいレイアウトも台無し

 

 

 

 

それら器具、配管類をすべてタワー内におさめることができるのは

とてもありがたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっとレイアウトに手間ひまのかかる

大きいサイズが出るといいなあ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その3

顧問のタナカカツキです

 

前回もつづき、AQUA-Uで遊んでまーす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスト式管理

ガラス蓋がピタッと合うのが気持ち良しです

 

 

 

 

照明は一日10時間くらいつけてました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ月ほどが経ちました

 

 

 

 

室温がまた低い時期だったので、それほどの展開はしなかったですが

そろそろ注水していいかな〜というかんじです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと傷んでた部分が枯れて、新芽が展開しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下草だけだと少しさみしいので

 

 

 

 

ピンナティフィダの子株を、瞬間接着剤で石にくっつけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナプチなんかも、石の間に差し込んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注水しまーす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のUタワーから、注ぎます

 

 

 

 

水槽側に注水しなくてよいので、レイアウトを崩す心配がありません

AQUA-Uの画期的な良いところですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 11:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その2

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく遊んでみました〜〜〜

 

 

 

 

石を使ってレイアウトしてみます

できるだけキメの細かい平べったい石を集めて、縦に差すように配石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小型水槽ですので、あっというまに空間が埋め尽くされてしまいます

配石終了〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソイルをザザザ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなかんじかな〜〜

 

 

 

 

底面フィルターがまだ見えておりますので、もう少し足します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出水パイプの先がギリギリ出るところまでソイルを盛り盛りにして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底面フィルターも隠れました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧吹きで全体を湿らせて

 

 

 

 

植栽します

 

ストック水槽からニューラージパールグラスキューバパールグラス

 

傷んでますね…

状態は良くないですが復活するでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かくちぎって、石と石の細い隙間にピンセットで差し込んでいく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっというまに、終了〜

 

 

 

 

小型水槽はなんでもあっという間に終わってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス蓋をピタッと乗っけて(気持ちが良い)

 

 

 

 

このまま放置、ミスト式管理(ほったらかし)に入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その1

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEXから発売された、うわさのAQUA-Uを使ってレイアウトしてみました

 

 

 

 

不思議な構造をしておりますね

 

左の白いタワーの中に、フィルター、ヒーター、 CO2の配管などインすることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管や配線が水槽から見えなくなって、水景だけを楽しめる画期的な水槽です

(加藤水槽さんの特許使用)

 

 

 

 

水槽サイズは18×18×23センチと小型です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はこんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽のフチがシリコン処理されております

 

 

 

 

この上にガラス蓋をぴったし乗っけることができて、ズレないという!

パチパチパチパチパチパチ!

 

ミスト式管理対応じゃないですか!すばらしい〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立ててみました

 

 

 

 

底面ろ過ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からのアングル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく遊んでみよう〜〜〜!

 

 

 

 

 

その2へつづく〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
石磨き

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画家が筆を折ったのではありません

 

 

DSC01041.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扱いやすい長さで

 

 

DSC01046.jpg

 

 

 

絵筆を使って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の表面をやさし〜く擦ります

 

 

 

DSC01053.jpg

 

 

水槽の中のレイアウト素材は

時間が経過すると、付着物で表面が変色してゆきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵筆を使って

汚れを削り落とし、本来の色に戻します

 

 

DSC01057.jpg

 

 

なんとも地味な作業ですが

無心になってやってると、不思議と心が晴れ晴れとしてきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の色や模様が

水の中でありありと立ち上がり、水景画に豊かな彩りが蘇ります

 

 

 

DSC01059.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒髭苔も削ぎ落とせるという

研磨剤が練り込まれたブラシ、かゆいところに手が届くADAの商品(プロブラッシュ)です

 

 

DSC01078.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効果たるや、すごいですねw

 

 

IMG_1361.jpg

 

 

頑固な汚れはプロブラッシュ

優しく表面を削りたいときは絵筆

使い分けたいです(誰に言ってる?w)

 

 

 

 

 

 

 

石を磨く作業のおもろみ、喜び、

心が静かに広がる瞑想状態

宇宙にアクセス!

 

これが研磨トランスかあ〜〜!

 

 

石をつるっつるにするおっさんいるよね〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
4本の水槽

水槽学部顧問のタナカカツキです

顧問のアトリエには何本かの水槽があります

 
 

水を入れてフィルターを付け、CO2を添加してるのは4本、すべて水草水槽です

その中には魚も泳いでおります

 
 
PB026953.jpg

 
 

サイズは45センチ、90センチのスリム型、90センチ、120センチです

 
 
 
 
 
 
 

一番大きいサイズの120センチコンテスト用の水槽です、生きた絵画、作品になる水槽です
 
 

DSC01820.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 

90センチの水槽は作品をつくるために必要な水草をストックしておくための水槽です

作品になる水槽がキャンバスだとすると、この水槽はさしずめ、絵の具箱、パレットの役割にあたる水槽です

 
 
DSC06650.jpg

 


 
 
 
 
 
  
 

こちらの90センチスリムの水槽は、幅は90センチありますがスリムサイズなので水の量からすると60センチ水槽くらいです

こちらも、水草をストックしておく水槽ですが、作品づくりではあまり使用しない水草が入っています

 
 

P1263613.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 

一番小さいサイズの水槽がこちら45センチ水槽です

あまり作りこみをしない簡単なレイアウト水槽となっております

 
 

PC081895.JPG
 
 

この4本の水槽の中で

一番、管理に気を遣うのがこの45センチ水槽です

 
 
 
 

水量が少ない分、外的要因の影響をうけやすく、水質が不安定で手がかかります

換水も他の4本にくらべて、回数お多めにやっています

水槽の高さもないので、すぐに水草が空間を埋め尽くし、トリミングも頻繁にすることになります

魚が病気になったり、コケなどのトラブルもこの水槽は他の水槽に比べると多いよいです


 
 
 

顧問の実感として、水量が少ない水槽ほど不安定で手がかかります

 
 
 

フィルターのせいかなと思い、大きめのフィルターに変えたことがあったのですが

あまり効果は実感できず、元のフィルターに戻しました
 
 

DSC06701.jpg
 
 

なので、ズボラな顧問はこのサイズより以下のサイズを維持管理できると思えません
 

30センチ水槽、それ以下な水槽を美しく管理しておられる方はほんとにマメな方だと思います
小型ばかりを管理している友人がいますが、尊敬しつつ、自分とは性格もライフスタイルもちがうんだなあと思っております。小型ならではの管理テクニックもあるのでしょうね
 

小型水槽はスペースも取らず、立ち上げもローカロリーでできるので魅力的ではありますが

管理継続力が必要だと感じております
 


 
 
 
 
 
 
  
 


 
 

120センチ、これだけの水量があれば水質においても安心して管理できます

リセットとか大変ですが、この水槽は作品作りですから、その労力は創作の喜び

 
 
 
 
 
 

何が言いたいかっつーと、

顧問の水草マンガが読めるのは「アクアプランプ」だけ!

発売中〜〜〜〜!
毎日買ってネ!

 
 


 
 
 
 

 
 
 
 


         ポチッと押していただけるとうれしいです
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 器具 素材 | 06:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
泥を飾る 後編

こんにちわ、部長のマックスです




前回「泥を飾る 前編」の続きです。




手間暇かけて

育て上げた泥ダンゴ


ダンゴアップ2.jpg


<アクアソイルアマゾニア/ADA>






漆喰ペースト


漆喰ペースト.jpg







顔料を混ぜて


青顔料.jpg







顔料ペーストを作って


顔料ペースト.jpg


泥ダンゴに塗っていきます

(漆喰ペーストはアルカリ性なので肌が弱い方は手袋をはめてください)






塗り終わり.jpg


8割方乾燥した所で






コップのフチを使って研磨


ガラス磨き.jpg


強くこすると顔料が剥がれるので

軽く撫でるように

満遍なく擦っていきます





研磨中.jpg


しばらくすると顔料が定着してツヤが出てくるので

ツヤが出てきたら少し力を入れて研磨




さらに研磨




ツルツルのピカピカになったら


完成.jpg


完成






自然に出来上がった


鉱石と.jpg


色の濃淡によって






惑星のように見えたり


黄色.jpg


鉱石のように見えたり






多様な表情で


拡大.jpg


飽きることなし





何の役に立つか分からないけど

素通りできないモノ


4つ.jpg


こんなん大好き!







リセットソイル.jpg


泥、ありがとう〜!






装置と.jpg


泥ダンゴ、バンザイ!






エアプランツ.jpg


泥を飾る。



ポチッと押していただけるとうれしいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ



| 器具 素材 | 15:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
泥を飾る 前編

こんにちわ、部長のマックスです

年末迫る中

来年の出品に向けて

制作に励んでおります

新作の制作とセットなのが

リセット.jpg

水槽リセット

そして

リセットソイル.jpg

ソイルの処分

リセット後のソイル

水上葉の育成にも再利用するんですが

水上葉.jpg

120cm水槽での使用分となると

まだまだ余ってしまいます

余ったソイルを何か有効に利用する方法はないかと

日々研究しておりますが

今回は、今年一番のおすすめをご紹介

天日干ししたソイル

土と水.jpg

ソイルすり鉢で細かく砕いて

すり鉢.jpg

ジップロックに入れてと混ぜ
 

泥ジップロック.jpg

練る

ジップロック.jpg


泥の生地が滑らかになるように

水分を均等にし

空気を抜いていきます

(ハンバーグやパン生地を作る時の感覚)

練り終わったら手で丸めます

ダンゴ丸め.jpg

ここから

ゆっくりと乾かしながら

まんまるにしていきます

急な乾燥はひび割れの原因になるので

雑巾をかぶせたりビニールに入れてゆっくりと乾かします

ビニールダンゴ.jpg

ビニールから取り出しては

手で形を整え

それを繰り返すこと2日

その後、ビニールから取り出し1日乾燥




ゆっくりと乾燥させながら

丁寧に真球に近づけていきます


適度な硬さになった所で

ガラスコップの上でダンゴを転がし
 

ダンゴトレー.jpg

コップのフチを利用して

余分な箇所を削っていきます

コナ.jpg

満遍なくダンゴを転がして


コップのフチとダンゴの隙間がなくなったら

エッジ.jpg

ひとまず完成

ダンゴ逆光.jpg

コップのフチに乗せるも良し




 

ダンゴアップ.jpg

机の上にただ転がしておくのも良し


 

捨てるはずだった

ダンゴアップ2.jpg


人の手コップのフチによって

輝きを取り戻しました


次回

「泥を飾る 後編」

油絵の具の顔料を使って泥ダンゴ着彩していきます

顔料.jpg

青顔料.jpg

つづきます

コップのフチといえば

IMG_1115.JPG

カツキ顧問デザインのフチ子ちゃんも展示されている

「奇譚クラブ10周年展」

渋谷パルコパート1・3F パルコミュージアムにて開催中です

期日は今週末27日(日)まで

IMG_1146.JPG

IMG_1180.JPG

こちらもよろしくお願いいたします!

ポチッと押していただけるとうれしいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 器具 素材 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

  • 宝石は何を食べている?
    ナカムラ (02/09)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/19)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    顧問 (01/18)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    はねっこ (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    顧問 (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/16)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/15)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    マックス部長 (01/14)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/06)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ7
    顧問 (12/30)

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH