器具 素材 | 京都精華大学水槽学部の水草ブログ
使える流木、使えない流木 その2

顧問のタナカカツキ

 

 

前回のつづきです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、流木を購入するとき、気をつけなけれないけないのは

「使える流木」を買うことです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、見ていただいたこのようなフォルムの流木は

見た目いい感じですが、実際に使いこなすのは難易度が高いのです

 

 

IMG_9734.jpg

 

 

微妙な調整がきかず、これまで一度も使えたことがありません

新品のままです

 

使えない流木はほんとうにゴミを買ってしまったことになる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「使える流木」というのは、小ぶりなものと

このような、なんの変哲もない素朴なものが使いやすいのです

 

 

 

IMG_9738.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなのとか

 

 

IMG_9739.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と、こんなのも

 

 

IMG_9740.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使いやすい大きさに、自在に組み合わせて(画像は9本)

 

 

IMG_9757.jpg

 

 

いろんな方向、角度を試しながら、ひとつのイメージを造形します

 

 

 

 

 

 

 

組み合わせれば、フォルムは自在に無限に調整できます

躍動感、生命感は思いのまま

 

そして、この作業は時間を忘れるほど、楽しい行程です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八方に広がるひとつの流木を

切断すれば、好きなように組み合わせられる素材となります

 

 

 

IMG_9748.jpg

 

 

いい形の流木を切断するのは、最初すごく勿体なく、抵抗を感じますが

質感も統一されていますから、劇的に「使える流木」となるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流木素材に関して、十分準備ができたというのに

 

 

 

 

最近、岩組しかしてない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
使える流木、使えない流木 その1

顧問のタナカカツキです

本日も、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水景画制作におきまして

流木や石などの素材は何度でも使用することができます

 

 

IMG_9734.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像と、同じ流木ですが

 

 

IMG_9733.jpg

 

 

見る角度によって印象の違うフォルムになるので、同じ素材で新しいレイアウトができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

コンテスト出品前に、どうしても素材が足らなくなって

あちこちの水草ショップに出向き、素材をかき集め

それでもなかなか理想の素材がない場合、大変に焦ることになります

 

 

 

 

そんなことのないよう、素材は予め十分に用意しておくことが大切です

 

 

 

 

とはいっても…

流木はそんなに安い買い物ではありません

 

 

IMG_9737.jpg

 

 

3480円

買ったときは、お!掘り出しもんだ!と思って即買いしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく買ったのに、いざ水槽に入れてみるとサイズが合わなかったり…

 

 

IMG_9731.jpg

 

 

それに、このような立体的な流木はかさばるので、置き場所に困ったりもします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、こんな枯れた木を買うことに、最初はすごく抵抗を感じたものです

いつしか慣れて麻痺してしまいましたけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水景画創作は非常にコツコツした作業ですが

ときには、勢いも大切だったりします

使いたい色の絵の具を、そのたび、いちいち買いに行っては描きたい絵も描けません

 

創作の手が止まらぬよう、素材は十分すぎるほどある

そんな環境を、時間をかけて作っていくしかありません

 

 

 

 

こんなダンボールが3つもあります、年月をかけて集まった素材です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスなく制作できるようになる素材の量

それはある段階でもう十分な量になります

 

素材を求めてお店巡りなんてこともなくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、買った素材を使用しているうちに

何度もリピートして「使える流木」「使えない流木」がわかってきます

 

 

 

 

 

 

 

 

その2につづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 10:44 | - | trackbacks(0) | pookmark |
小物どうするねん問題

顧問のタナカカツキです

本日も、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽事をやっていると、このように、ストックの器具

今は使わないんだけど、一応取っておこう的な小物が増えつづけます

 

 

IMG_7942.jpg

 

 

ほんとに使わないものは、じゃんじゃん捨てておりますが

それでも、溜まってゆきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も、逆止弁が壊れて、ストックあったかな〜って探して

あった!ストックあった!とっといてよかった〜!なんてこともありました

 

 

IMG_7943.jpg

 

 

小さなモノなので、捨てないで、とっておいてよかったなと思いましたが

小物はひとまとめで箱の中にしまってあったので

探すのに、時間がかかりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要なものを必要な時にすぐ取り出せるよう、小分けで管理することにしました

以前から、やりたいな〜と思っていましたが

10年目にしてやっと、重い腰があがりましたw

 

 

IMG_7944.jpg

 

 

アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-310

アマゾンで購入しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分けた〜〜〜〜

 

 

IMG_8012.jpg

 

 

こういう骨の折れる作業は、なにかいろんなことを忘れて集中できるので

嫌いじゃないです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収納〜〜〜〜

4×6の引き出し、まだ余裕ありますね

 

 

IMG_8013.jpg

 

 

うっすらの中のモノが見えておりますが、ほんとはラベルなんか貼るといいんでしょうねえ

それはまた10年後に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

 

IMG_8015.jpg

 

 

引き出しに入らなかったものをどうしよっか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ほったらかしても

顧問のタナカカツキです

 

本日も、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急勾配のあるレイアウトは

ミスト式で下草を絨毯化させ、しっかりと根張りをさせてから

注水しても崩れない、強い地面の上で行いたいものです

 

 

DSC01722.jpg

 

 

そんな強い地面を作ります

 

上部の方、光が強すぎるのか枯れておりますが

やがて地面を覆うほど展開してくれることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほったらかしとけば、下草は絨毯化してくれます

 

 

DSC01872.jpg

 

 

緑が地面を覆えば、流木を配置し

注水して、色とりどりの有茎草でレイアウトしてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっかり、ほったらかしすぎると

 

 

DSC03034.jpg

 

 

もっさもさ〜〜〜〜〜になっちゃって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミングしたとしても

下の方の葉は変色しているんじゃないですかね

 

 

DSC03035.jpg

 

 

トリミングするのが恐い…見て見ぬふりがつづいて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうなんか、どうしていいかわからない程、もっさもさ

 

 

DSC03039.jpg

 

 

まあ、これは、こういうものとして

水草のストック水槽ということにしましょう(解決!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもリセットしてから水草置き場に

 

 

DSC02831.jpg

 

 

有茎草ビロ〜〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水草は、こちらがハサミを入れるまで成長し続けます

 

 

DSC02606.jpg

 

 

ほったらかしても美しい水草でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 04:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その4

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uタワー上部まで注水完了〜

 

 

 

 

フィルターの運転開始!モーター音静か〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミリオフィラムの子株だけをひとまとめにして

 

 

 

 

レイアウトに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部、石と石の間に差し入れる

 

 

 

 

白砂で細流を作って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚を入れて、出来上がり

 

 

 

 

小型水槽なので、小さな魚(ラスボラブリジッタエ)をチョイス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンターで出力したグラデーションのバックスクリーンを撮影用に貼りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の水槽だと、ヒーター、パイプ、配管、器具だらけになって水槽内はごちゃごちゃして

せっかくの細かいレイアウトも台無し

 

 

 

 

それら器具、配管類をすべてタワー内におさめることができるのは

とてもありがたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっとレイアウトに手間ひまのかかる

大きいサイズが出るといいなあ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その3

顧問のタナカカツキです

 

前回もつづき、AQUA-Uで遊んでまーす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスト式管理

ガラス蓋がピタッと合うのが気持ち良しです

 

 

 

 

照明は一日10時間くらいつけてました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ月ほどが経ちました

 

 

 

 

室温がまた低い時期だったので、それほどの展開はしなかったですが

そろそろ注水していいかな〜というかんじです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと傷んでた部分が枯れて、新芽が展開しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下草だけだと少しさみしいので

 

 

 

 

ピンナティフィダの子株を、瞬間接着剤で石にくっつけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナプチなんかも、石の間に差し込んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注水しまーす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のUタワーから、注ぎます

 

 

 

 

水槽側に注水しなくてよいので、レイアウトを崩す心配がありません

AQUA-Uの画期的な良いところですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 11:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その2

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく遊んでみました〜〜〜

 

 

 

 

石を使ってレイアウトしてみます

できるだけキメの細かい平べったい石を集めて、縦に差すように配石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小型水槽ですので、あっというまに空間が埋め尽くされてしまいます

配石終了〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソイルをザザザ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなかんじかな〜〜

 

 

 

 

底面フィルターがまだ見えておりますので、もう少し足します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出水パイプの先がギリギリ出るところまでソイルを盛り盛りにして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底面フィルターも隠れました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧吹きで全体を湿らせて

 

 

 

 

植栽します

 

ストック水槽からニューラージパールグラスキューバパールグラス

 

傷んでますね…

状態は良くないですが復活するでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かくちぎって、石と石の細い隙間にピンセットで差し込んでいく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっというまに、終了〜

 

 

 

 

小型水槽はなんでもあっという間に終わってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス蓋をピタッと乗っけて(気持ちが良い)

 

 

 

 

このまま放置、ミスト式管理(ほったらかし)に入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うわさのAQUA-Uを使ってみた その1

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEXから発売された、うわさのAQUA-Uを使ってレイアウトしてみました

 

 

 

 

不思議な構造をしておりますね

 

左の白いタワーの中に、フィルター、ヒーター、 CO2の配管などインすることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管や配線が水槽から見えなくなって、水景だけを楽しめる画期的な水槽です

(加藤水槽さんの特許使用)

 

 

 

 

水槽サイズは18×18×23センチと小型です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はこんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽のフチがシリコン処理されております

 

 

 

 

この上にガラス蓋をぴったし乗っけることができて、ズレないという!

パチパチパチパチパチパチ!

 

ミスト式管理対応じゃないですか!すばらしい〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立ててみました

 

 

 

 

底面ろ過ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からのアングル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく遊んでみよう〜〜〜!

 

 

 

 

 

その2へつづく〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
石磨き

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画家が筆を折ったのではありません

 

 

DSC01041.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扱いやすい長さで

 

 

DSC01046.jpg

 

 

 

絵筆を使って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の表面をやさし〜く擦ります

 

 

 

DSC01053.jpg

 

 

水槽の中のレイアウト素材は

時間が経過すると、付着物で表面が変色してゆきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵筆を使って

汚れを削り落とし、本来の色に戻します

 

 

DSC01057.jpg

 

 

なんとも地味な作業ですが

無心になってやってると、不思議と心が晴れ晴れとしてきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の色や模様が

水の中でありありと立ち上がり、水景画に豊かな彩りが蘇ります

 

 

 

DSC01059.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒髭苔も削ぎ落とせるという

研磨剤が練り込まれたブラシ、かゆいところに手が届くADAの商品(プロブラッシュ)です

 

 

DSC01078.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効果たるや、すごいですねw

 

 

IMG_1361.jpg

 

 

頑固な汚れはプロブラッシュ

優しく表面を削りたいときは絵筆

使い分けたいです(誰に言ってる?w)

 

 

 

 

 

 

 

石を磨く作業のおもろみ、喜び、

心が静かに広がる瞑想状態

宇宙にアクセス!

 

これが研磨トランスかあ〜〜!

 

 

石をつるっつるにするおっさんいるよね〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
4本の水槽

水槽学部顧問のタナカカツキです

顧問のアトリエには何本かの水槽があります

 
 

水を入れてフィルターを付け、CO2を添加してるのは4本、すべて水草水槽です

その中には魚も泳いでおります

 
 
PB026953.jpg

 
 

サイズは45センチ、90センチのスリム型、90センチ、120センチです

 
 
 
 
 
 
 

一番大きいサイズの120センチコンテスト用の水槽です、生きた絵画、作品になる水槽です
 
 

DSC01820.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 

90センチの水槽は作品をつくるために必要な水草をストックしておくための水槽です

作品になる水槽がキャンバスだとすると、この水槽はさしずめ、絵の具箱、パレットの役割にあたる水槽です

 
 
DSC06650.jpg

 


 
 
 
 
 
  
 

こちらの90センチスリムの水槽は、幅は90センチありますがスリムサイズなので水の量からすると60センチ水槽くらいです

こちらも、水草をストックしておく水槽ですが、作品づくりではあまり使用しない水草が入っています

 
 

P1263613.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 

一番小さいサイズの水槽がこちら45センチ水槽です

あまり作りこみをしない簡単なレイアウト水槽となっております

 
 

PC081895.JPG
 
 

この4本の水槽の中で

一番、管理に気を遣うのがこの45センチ水槽です

 
 
 
 

水量が少ない分、外的要因の影響をうけやすく、水質が不安定で手がかかります

換水も他の4本にくらべて、回数お多めにやっています

水槽の高さもないので、すぐに水草が空間を埋め尽くし、トリミングも頻繁にすることになります

魚が病気になったり、コケなどのトラブルもこの水槽は他の水槽に比べると多いよいです


 
 
 

顧問の実感として、水量が少ない水槽ほど不安定で手がかかります

 
 
 

フィルターのせいかなと思い、大きめのフィルターに変えたことがあったのですが

あまり効果は実感できず、元のフィルターに戻しました
 
 

DSC06701.jpg
 
 

なので、ズボラな顧問はこのサイズより以下のサイズを維持管理できると思えません
 

30センチ水槽、それ以下な水槽を美しく管理しておられる方はほんとにマメな方だと思います
小型ばかりを管理している友人がいますが、尊敬しつつ、自分とは性格もライフスタイルもちがうんだなあと思っております。小型ならではの管理テクニックもあるのでしょうね
 

小型水槽はスペースも取らず、立ち上げもローカロリーでできるので魅力的ではありますが

管理継続力が必要だと感じております
 


 
 
 
 
 
 
  
 


 
 

120センチ、これだけの水量があれば水質においても安心して管理できます

リセットとか大変ですが、この水槽は作品作りですから、その労力は創作の喜び

 
 
 
 
 
 

何が言いたいかっつーと、

顧問の水草マンガが読めるのは「アクアプランプ」だけ!

発売中〜〜〜〜!
毎日買ってネ!

 
 


 
 
 
 

 
 
 
 


         ポチッと押していただけるとうれしいです
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 器具 素材 | 06:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

SELECTED ENTRIES

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

  • 宝石は何を食べている?
    ナカムラ (02/09)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/19)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    顧問 (01/18)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    はねっこ (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    顧問 (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/16)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/15)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    マックス部長 (01/14)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/06)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ7
    顧問 (12/30)

 

CAJ

 cajlogo.jpg

部屋へ!

水草水槽のせかい

アクアプランツ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH