課外活動 | 京都精華大学水槽学部の水草ブログ
冬の学校通信2018

こんにちは部長のマックスです

 

 

遅まきながら

京都精華大学水槽学部のツイッターはじめました

学生部員が管理してくれております

フォローいただけると嬉しいです

https://twitter.com/seikasuisoubu

 

 

 

冬真っ盛り

京都は底冷えの日が続いております

 

 

まだ暖かかった「秋の学校通信2017」より

しばらく経過しましたので

昨年末から年をまたぎ2月にいたるまでの

数ヶ月間の水槽学部部活動を

「冬の学校通信 2018」として

ダイジェストでご報告させていただきます

 

 

 

 

10月初旬

毎年恒例となった

フィールドワーク

 

 

 

 

自然の中にどっぷりと浸かり

 

 

観察と体感

 

自然のリズムを吸収し

自分の感覚へと変換

 

 

 

 

 

 

10月末からは

コンテストに向けて

 

 

カツキ顧問のレイアウト講義

 

 

 

 

 

 

 

講義の後は

レイアウトアイデアにアドバイス

 

 

 

 

 

 

そしてまた

 

 

講義

 

 

 

 

 

こんな日々を

繰り返し

 

 

 

 

コンテストに向けてアイデアを練りこんでいき

 

 

 

 

 

 

11月末より

 

 

出品に向けて制作開始

 

 

 

2月現在も

制作真っ只中です

 

 

 

制作真っ只中といえば

水槽学部だけでなく

京都精華大学としても

はじめての学内卒業制作展(京都精華大学展2018)に向け

全学で制作準備真っ只中でございます


 

京都精華大学展2018

 

会期:2月14日(水)〜 2月18日(日)

時間:10時〜17時

会場:京都精華大学

※入場無料、一般参加可能

 

 

 

来週水曜日から日曜日まで

皆様の来校お待ちしております!

 

ポチッと押していただけるとうれしいです

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

| 課外活動 | 15:52 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
「天野尚 NATURE AQUARIUM展」

顧問のタナカカツキです

 

東京ドームGallery AaMoで開催されております

生きたアート展

 

「天野尚 NATURE AQUARIUM展」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大級にプリントされた写真と、実際の水槽作品があれだけ一度に大量に東京で

見れる機会はこれまでなかったと思います

 

とても素晴らしい充実した内容でございました

 

 

IMG_0812.JPG

 

 

部員のみなさまにおかれましては

年末、追い込みの時期だと思います。

生きたアート展?卒業制作でそれどころではない!東京行ってる場合ではない!と叱られそうですが

そんなことどーでもいいから今この展示を見とけー!と言ったら

教育委員会に叱られそうです

 

立場の難しい顧問でございます

 

卒業制作もやるし、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」も観に行く!

これが一番良いです

ぜひ、生で体験してください

 

簡単に展示内容のレポートをしてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天野尚はアクアリストでもあり、写真家でもあります

超大判フィルムを駆使し、自然のありのままの姿を細密に記録した作品が

本展覧会でもたくさんご覧になれます


 

 

IMG_1018.JPG

 

 

こんなカメラ機材を雪山まで運んでたなんて、それだけでちょっと凄すぎて吹き出しそうになりますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルムという存在を知らない若い方にとって、これは何なんだ?のコーナー

 

 

IMG_1016.JPG

 

 

とんでもなく巨大なフィルム、はじめて見ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなカメラで撮影された風景写真は葉っぱ一枚一枚を見ることが出来ます

遠くから眺め、近づいて見てみる、なんども前後運動のコーナー

 

 

IMG_1003.JPG

 

 

純自然の風景写真から里山の写真へと

後半は人と自然の共生していく姿にカメラが向けられました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごくこまか〜〜〜いとこまで楽しめるので、なかなか前へすすみません

 

 

IMG_1001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風景写真から、水槽写真へ

 

 

IMG_0995.JPG

 

 

水草レイアウトと風景写真は、天野さんにとっては繋がったものなのですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4Kディスプレイで見る水槽写真、液晶と水槽は相性いいですね

 

 

IMG_0990.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、本物の水草レイアウト水槽です

 

 

IMG_0984.JPG

 

 

東京の地で、これだけの生の水槽を見る機会は今回が初でしょう!

 

半分が天野さん作品をそのまま残しているものなのだそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水もピッカピカ!

 

 

IMG_0980.JPG

 

 

ガラスパイプもピッカピカ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方のコーナー

 

 

IMG_0974.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水草そのものがとても状態がよく、美しいです

 

 

IMG_0967.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内、撮影OKとなっております

 

 

IMG_0957.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルに群生してる場所の写真

 

 

IMG_0939.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日は人が多かったです

 

 

IMG_0929.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新商品のバックライトも使用されておりました

 

 

IMG_0862.JPG

 

 


 

 

 

 

 

 

IMG_0858.JPG

 

 

会場内は黒で統一されておりましたので(水槽台でさえ)

暗闇に水槽が浮かび上がるような演出

 

会場内にはADAオリジナルの音源が流れておりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンナティフィダの子株が石の裏側にもびっしり

 

 

IMG_0826.JPG

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本展のために製作された特別水槽「巨大ネイチャー水草ウォール」

 

 

IMG_0890.JPG

 

 

その他

リスボン海洋水族館収容の全長40mの巨大ネイチャーアクアリウム「水中の森」を映像で再現したコーナもあります

「世界水草レイアウトコンテスト」受賞作品写真の初展示などもございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念撮影は、床に腰を下ろすと、人物に光が入って逆光を回避できます

 

 

79_o.jpg

 

 

以上、たいへん大雑把な現地レポートでございました!

ぜひ、生でご鑑賞ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■スペシャルトークショー

2017年12月9日(土)
テーマ「世界ランカーが語る、水草レイアウトの世界」
18:30〜20:00(開場17:30)
<出演>
深田崇敬(グラフィックデザイナー・水景演出家)、タナカカツキ(マンガ家)
<主な内容>
作品紹介や制作のきっかけ・制作過程の裏側の紹介など
 

 

ヒマだったら行こ〜〜〜っと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

| 課外活動 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
水草展2017

 

---お知らせ---

今さら、独自ドメインを取得いたしました登録変更をよろしくお願いいたします

新アドレス http://seikasuisoubu.design

 

 

 

 

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城県つくば市にある国立科学博物館、筑波実験植物園

水草展が開催されました

 

 

IMG_6363.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問と写真家の池田晶紀氏と水草研究家の田中法生先生とのおしゃべり会にも

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました

 

 

IMG_6370.jpg

 


 

 

 

 

田中法生先生の家紋が水草(オモダカ)だったのが一番衝撃でした!w

継承される水草DNA!

 

 

 

 

 

10655.png

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

会場には

見ごたえあるレイアウト水槽がたくさんありました

 

 

IMG_6364.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いロタラ群がすごい赤い〜〜〜!

 

 

IMG_6360.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

武江さんのレイアウト

さすがのトリミングテクニック!

 

 

IMG_6362.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、水草だけでなく

植物園はみどころたくさんです

 

 

IMG_6381.jpg

 

 

筑波実験植物園

植物にグッとくる方なら相当楽しめる場所です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            ポチッと押していただけるとうれしいです 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存保存

| 課外活動 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初夏の学校近況報告

こんにちは、部長のマックスです。

 

 

 

レイアウトコンテストへの出品が終わり

作品水槽は

維持管理の期間に入りました

 

作品制作に関しては一段落しましたが

制作以外にも日々の活動の中ではいろんな事がおこります

 

 

コンテスト出品から

約1ヶ月間に起こった出来事の中から

 

 

 

 

京都精華大学水槽学部 初夏の近況報告として

3つのニュースをピックアップさせていただきます

 

 

 

まずは

 

<ニュース1>

「いけばな」体験

 

コンテスト向け水槽の制作が落ち着いた

この期間を利用して

レイアウトのセンスや技術

ヒントを伝統文化から学んでみようという試み

 

MG_0264.jpg

 

 

 

 

 

 

大学での「いけばな」の授業をコーディネイトし

ご自身でも「いけばな」を学ばれている大溝先生にレクチャーいただきました。

大溝先生、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

※ここで学んだ事を水草水槽に活かしたいと考えておりますが

伝統の力に圧倒されまだまだ消化できておりません

消化できた頃に記事にまとめたいと思っております

 

 

 

 

そして

 

<ニュース2>

新入部員入部

 

名称未設定 1.jpg

 

高校時代からブログを読んでくれていたという

1年生が入部しました

 

すでに個人水槽でレイアウトをしている実力者

今後の学生水槽のランクアップに期待が持てそうです

 

 

長く続けていると

思いもよらなかった縁が生まれるんだなと感じる出来事でした

 

 

 

 

 

そしてそして

 

<ニュース3>

カツキ顧問原作映画公開!

 

今週末から

カツキ顧問原作の映画

「逆光の頃」

いよいよ公開されます

 

名称未設定 2.jpg

 

 

 

7月8日(土)より

新宿シネマカリテ他 全国随時ロードショー

 

http://gyakko.com

 

 

 

 

 

今週末は

ピンセットとハサミを置いて

 

劇場へ!

 

 

   ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 課外活動 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
苔の森

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 


 

水草水槽をやっておりますと

リアルな風景も水槽の中にみえてしまうのは

水草水槽あるあるです

 

 

IMG_0462.jpg

 

 

長野県北八ヶ岳の“白駒の池”

国道から徒歩1分で、この苔の密度!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウトコンテストの上位作品があちらこちらに

 

 

IMG_0459.jpg

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

右を向いても、左を見ても

世界トップランカーの作品群です

 

 

IMG_0449.jpg

 

 

この暗がりなんとも、魚の生息地として良いかんじじゃないですか〜

高得点の理由が伺い知れます

 

 

 

 

 

 

 

 


コケがびっしりと生え揃うのは、6月中旬〜7月末頃にかけて

 

 

IMG_0454.jpg

 

 

11月上旬まで楽しむことができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然に出来た造形だけど、むしろ人の手による不自然さも感じたりして

 

 

IMG_0451.jpg

 

 

北八ヶ岳は、真夏でも気温20℃前後

 

 

 

 

 

 

 


 

 

足元がぬかるんでいるので、行かれる方は長靴があるといいかも

 

 

IMG_0455.jpg

 

 

雨が降ったりやんだり、8月末でしたが、森は梅雨時期のようにしっとり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木に覆われて森は薄暗い

これだけ薄暗いほうがカメラで撮った時、コケの色が綺麗に出やすくなるんだよね

 

 

IMG_0446.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽内で再現するには

手前はキューバパールグラス

 

 

IMG_0444.jpg

 

奥はプレミアムモスとか

その奥は有茎草

縦構図に適した流木は水草屋さんに売ってないんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この木の肌を表現できるような、流木はなかなか見つからない

 

 

IMG_0437.jpg

 

 

なので、自然をそのまま模すような作品はやめておいたほうがいいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の構図なら、まんま再現できそうですけどね

 

 

IMG_0436.jpg

 

 

ホウオウゴケを使うとよいですね

 

でも

地面から覗いた石の表面のバランス悪い…

自然に対して構図のダメ出し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が多いからなのか

虹がでたよ

 

 

IMG_0468.jpg

 

 

現場からはそんなかんじでーーーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 課外活動 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鴨川の水質調査 後編
こんにちわ、部長のマックスです

前回「鴨川の水質調査 前編」の続きです

採集開始

鴨川ひき.jpg

それぞれが

網やプラスチックコップを持って

水面を見下ろすように

鴨川ひき2.jpg

採取

アメンボ
 

アメンボ.jpg

カメムシの仲間なんだって

捕まえると飴のような臭いをだすよ

アクアリストにはおなじみ

エビ類
 

スジエビ.jpg

スジエビ意外にもヌマエビも沢山採集

外来種代表

ザリガニ.jpg

アメリカザリガニ

トンボ代表
 

ヤゴ.jpg

オニヤンマヤゴ


 

次々と採集される水生生物達


 

ここから

観察教室のスタッフに

採集の幅を広げるコツ

教えてもらいました

すごく簡単な事なんだけど

大人になってやって無かった事

それは石を

ひっくり返す事

ひっくり返し3.jpg


ゴロンッ

ギャーーー!

変なモンいっぱいくっついとる




 

ひっくり返す

石ひっくり返し.jpg


何か動いとる


 

よって見ると

石ひっくり返し2.jpg


ヒル

ギャーーー!





 

ヒル.jpg

このヒルは吸血性なし




 

ひっくり返す

卵.jpg


ゴロンッ
 

謎の卵

ギャーーー!




 


 

もういっちょ

ひっくり返す
 

石ひっくり返し5.jpg

だんだん慣れて来た




 

これは

トビケラの幼虫と巣
 

石トビケラ.jpg

糸を出して小石を固めて巣をつくるんだって





 

トビケラ.jpg

佃煮にして食べる地方もあるようです




 

他にも紹介しきれない程の生物を採集
 

コップ縦02.jpg






 

調査の後

コップ横.jpg

生物達は川に放流

ひっくり返した石も

元に戻しました


 

石をひっくり返すのが
こんなに面白いなんて
知らなかった!


石の裏.jpg

石の裏
サイコーーー!


鴨川の石
全部ひっくり返したーい!



 


 

蝉.jpg

板倉先生、板倉ゼミの学生さん

京都自然観察教室の皆様ありがとうございました!


 

告知ーーー!

今週発売のモーニングにて

漫画表紙.jpg

カツキ顧問のマンガ

「サ道」〜マンガで読むサウナ道

掲載されております

漫画.jpg

チェックよろしくお願いします!

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 14:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
鴨川の水質調査 前編
こんにちわ、部長のマックスです

自然から学ぶ

教科書からではなく

体験から感性を磨くべく

ノジマ副部長と

京都自然教室「鴨川の水質調査」に参加しました

IMG_7798.JPG

鴨川の水生生物を採取

採取した生物の種類や数から

鴨川の水質を知るという試みです

川に入り

IMG_7708.JPG

採取

IMG_7730.JPG




採取


 

IMG_7729.JPG

採取


 

IMG_7755.JPG

参加者で持ち寄って

顕微鏡で

IMG_7773.JPG


凝視


 

IMG_7760.JPG

種類を識別

IMG_7787.JPG

自然観察教室のスタッフの方々から

川での生物観察採取のコツを教えてもらったよ


その話は次回!

写真:ノジマ副部長

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハチから学ぶ 〜後編〜
こんにちわ、部長のマックスです

前回「ハチから学ぶ 〜前編〜」のつづきです

不思議がつまった

蜂の巣から

ハチミツ採集

蜂の巣アップ.jpg

ツヤッツヤ

穴を塞いでいるフタを

ヘラで取り除き

フタはずし.jpg

シャカシャカ

フタもうまそう〜

フタアップ.jpg

離れていても良い香り

糖度計で計測

糖度計.jpg

糖度80度

糖度が高いと長期保存が可能

遠心分離機(手動)にかけて

遠心分離.jpg

蜂の巣からハチミツを分離

レバーをひねると

ハチミツレバー.jpg

トロ〜リ

うまっ!

採れたてのハチミツよりも

うまいものがあるのかっていうくらい

ハチミツ瓶最後.jpg

うまっ!

おーい

ハチーーー!

ハチミツ瓶途中.jpg

こんな贅沢な経験、ありがとうーーー!

養蜂は

ハチや植物の習性に精通し

電力も農薬も使わない

スーパーエコロジーシステム


 

半日の経験だったけど
 

エビ02.jpg

学ぶ事いっぱい!

アクアリウムやデザインに通じる事
活かせる事、
沢山ありました!


 

板倉先生、板倉ゼミの学生、森田農園のみなさま

いつもありがとうございます!


 

告知です!!!

明日なんですが

京都マンガミュージアムにて

カツキ顧問伊藤ガビン先生による

トークショーが開催されます

「大うんこ展」刊行記念イベント

unko_pst.jpg

『大うんこ展』トークショー

是非、お越しくださいませ〜!

 

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハチから学ぶ 〜前編〜

こんにちわ、部長のマックスです

自然への理解を深め

デザインに活かすべく

面白そうな事あれば

ヒョッコリ参加させて頂いております

今回はこちら

蜂の巣アップ前.jpg


またまた板倉先生(精華大学人文学部教授)にお誘い頂き

ハチミツ採集体験をしてきました

お邪魔したのは

森田農園.jpg

京都精華大学から徒歩10

森田農園さん

ビニールハウスの片隅に設置されている

ミツバチの巣箱

この辺りからでもハチの羽音がブンブン聞こえてきます

ハチミツ採集日はいつもと違う雰囲気を感じ取り

ハチが興奮しているとの事

蜂の巣ひき.jpg


ハチ毒アレルギー

アナフィラキシーショックの説明を受け

ピリッとした空気の中

防護服を着用し巣箱に近づいていきます

フタをとりはずし

燻煙器で煙を吹きかけて

ミツバチをおとなしくさせたり

移動させたり

燻煙器を使ってハチとコミュニケーション

煙.jpg
 

燻煙器の中には火をつけた新聞紙などが入っていて

紙が燃える事によって発生する煙を使用するので

ハチを傷つける事がありません

巣箱の中には

巣枠が複数枚入っていて

それを1枚づつ取り出していきます

蜂の巣アップ前.jpg

煙でおとなしくなったミツバチ
 

巣箱の外に出る事が少ない

繁殖の為だけに生きるオスバチ

雄ハチ.jpg


動いている姿を見れるのは貴重

目を引くのは

正六角形がビッチリと並んだ

リアルハニカム構造

蜂の巣アップ.jpg


軽量高強度
衝撃吸収性が高く断熱性に優れる

ヒトの生活の中でも

至る所で採用されている

イケてるデザイン


その美しく精巧な六角形の中に

うまそうな蜜ギッシリ!



おいおいおいっ
どーゆうこっちゃ

不思議な事だらけやないかー!


 

おーい、ハチーーー!

君たちに聞きたい事

いっぱいあるよーーー!

後編へつづきます

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噴水池の水生生物調査 〜後編〜
こんにちわ部長のマックスです

前回「噴水池の水生生物調査」〜前編〜 のつづきです

コケ02.jpg

調査中に感じた事なんですが

生体手.jpg

この調査、何かに似てるな〜

どろんこ02.jpg

大掛かりな改修を控えた池の水を抜き

コイ捕獲.jpg

生体をすくいだす

そうか

これは調査という名の

リセット作業

そうやって考えると

この噴水池が

噴水池.jpg

巨大なテラリウムに見えて来た!

この池は琵琶湖の疎水から水を引いている
 

疎水.jpg


疎水から噴水池へ

流れ着いた稚魚や幼虫が

成長繁殖し、池を豊かにする




池に溜まった水は鴨川
 

鴨川.jpg


はなゃ〜

あの噴水池は
大掛かりで巧みに計算された

自然と人との共同作品だったのか〜


自然を理解して
活用するっていいな〜


 

今度はこの巨大テラリウムの立ち上げに参加した〜い!
 

お誘い頂いた板倉先生

スタッフの方々ありがとうございました!



ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

  • 宝石は何を食べている?
    ナカムラ (02/09)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/19)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    顧問 (01/18)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    はねっこ (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    顧問 (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/16)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/15)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    マックス部長 (01/14)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/06)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ7
    顧問 (12/30)

 

CAJ

 cajlogo.jpg

部屋へ!

水草水槽のせかい

アクアプランツ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH