水草水槽って簡単、簡単じゃない

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

水草水槽って誰でもすぐに簡単にできないってのが、とてもいいと思ってます。
十分な情報や適した育生機器がないと失敗します。

 

 

失敗というのは水草が育たなかったり、水槽内にコケが大発生して
見苦しくなってしまったり。

 

基本的な知識や十分な育生機器があれば、誰でも簡単にできる。とも言えます。

 

 

 

養分、光、温度、CO2、水質などが揃えば、水草は育ちます。
水草水槽をはじめられる方に、まずは小さい水槽から手軽にはじめられる方も
多いと思いますが 弱々しいライトで、温度調整もしないで、
植物が育つ条件を知らないで、養分を入れてない砂に植栽する。
植物にとって過酷な環境からスタートしてしまいがちです。
そして失敗。

 

 

 

水草水槽は難しいというイメージが歩き出すのは、とても悲しいことです。
なんだってそうだと思うんですが、楽しくなるためには下準備が必要なのです。

 

CO2の添加に関しては
水草ショップの店員さんは、水草水槽を本気でやるのであればCO2添加をお勧めされます。
CO2は水道水にも含まれるし、水槽内の生物の呼吸から供給できますが
CO2の添加は、育生をより簡単にしてくれます。

 

 

 

 

草も元気でシャッキシャキになって気泡をわんさか出してくれます。
CO2の添加はオススメです。

 

一番難しいのは養分です。
それはまたの機会に話題にできたらと思います。

 

 

 

 

骨折りを厭わず、うまく水草が育つ環境をつくりあげたときに喜びがあり
水槽内にできあがった生態系を大事にしようという気持ちになる。
そんな管理者に水草は美しさで応えてくれます。

 

水の中の植物は美しいです。

 

 

 

本日は以上!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました