らん展 その1

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

「世界らん展日本大賞」に行ってきました。
広報フレーズは「都会の真中の楽園 満開にして、お待ちしています。」だって!
顧問は蘭にはさほど興味ありません。
というか、さっぱりわからない……蘭といえば開店祝いの花の贈りものというイメージしかない。

 

しかし、展覧会は毎年東京ドームで行われてて相当人気のある催しなのだそうだ。
とても気になる。

 

おっさんおばはんの心を掴む何かがそこには在る
それと、水草水槽同様、植物を活けるということにおいて
きっと、見ておかなければならない何かがあるはずである。

 

 

 

 

さあ、行ってみよう!

 

 

 

 

当然、場内は蘭だらけ!

 

 

 

 

 

蘭!

 

 

 

 

 

蘭!蘭!蘭!

 

 

 

 

 

色とりどりの蘭!

 

 

 

 

 

あっちこっちも蘭!

 

 

 

 

 

蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!蘭!

 

 

トカゲと蘭!

 

 

 

 

ヘルメットが危うく、      

 

 

 

 

蘭~~~~!

 

渋い蘭!  

 

 

 

 

怒涛の蘭!

 

 

 

 

蘭の乱!

 

 

 

 

 

どうしたって蘭!

 

 

とにかく、会場はだらけである。

 

 

 

これだけのが会場を埋め尽くしてるということは
私は間違いなく「らん展」に来ている!

 

 

 

 

 

危うく、同化しそうになるのだった…。

 

 

 

 

 

つづく!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました