日本の造形

ラッセーラー!ラッセーラー!

顧問のタナカカツキです
そういえば、ねぶた祭を観に行きましたよ。
 
 
顧問は水草のことばっかり考えてるので
ねぶたも水草水槽にしかみえなかったですよ。
 
ねぶたの山車の造形、これ、やってることは水草レイアウトと同じですね。
 
水槽サイズの画角に奥行きと生命感
 
 
 
左右どちらかに重心を置いた、三角構図。
粗なる所と密なる所の執拗な作り込みと、奥行き遠近感の演出。
 
 
 
 
同じことを、水草レイアウトは、水草を用い、流木や石、でやってんですよね。
 
ねぶた、そして、水草水槽 
これでもか!という連続するうねりの造形は日本人が待つ造形意識
生花も、書も、舞踏も、縄文土器も、文様も、武術も、日本はなんだって、み~んなうねうね、平仮名うねうね
それは火、水、植物、大自然のメタファー?
大自然と対峙して、ぼくらは浄化、禊祓いをしているのでしょうか?
 
 
 
 
そんなことを考えちゃったりしたら、もうド壺にはまってます。
水草レイアウト病です!
 
 
 
 
 
 
壺といえば、
 
NHK鑑賞マニュアル「美の壺」
テーマは「水草水槽」

今やブレイク直前のアート、「水草水槽」。魚ではなく水草を鑑賞するための水槽のことで、いわば水中の箱庭だ。水槽という空間に繰り広げられる壮大な水中景観は、まさに“美の奇跡”! 色も形も多種多様な水草と、石や流木を使って、水槽というカンバスに想像上の自然風景を描きだしていく。番組では世界に水草水槽ブームを巻き起こしたカリスマ・天野尚氏の制作風景に密着、その圧倒的な美の魅力を余すことなく紹介する。

 
 

8月30日(金)
19:30~19:59 BSプレミアム

再放送
9月3日(火)
11:00~11:29 BSプレミアム

顧問も少し、お手伝いしました。
みんなで観ましょう~~!
 
 
 
 
          ポチッと。いつもありがとうございます。
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ