木酢液という絵の具

顧問のタナカカツキ

 
 
ほうほう
 
黒髭ゴケ出とるな…
 
P1150026.JPG
 
 
 
 
こちらにも
 
出とる。
 
 
P1150035.JPG
 
 
水流の強い部分に出るんだな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなときは定番、木酢液の出番やな
 
P1150040.JPG
 
醤油ちゃうで
 
 
 
 
木酢液、少し薄めたものを筆先に付けてペトペト塗るで
 
P1150043.JPG
 
 
 
そういえば、この筆、大学のときに使ってたやつやで
 
その頃はアクリル絵の具を付けてペイントしてた
 
それが今は木酢液つけて、石にペトペト塗っとる
 
時代が変わったのか、自分が変わったのか
 
とにかく、アクリル絵の具からデジタルに移行して今はネイチャーとなった
 
そんな時代の感慨にふけようと思ったけど、石の表面が乾いてくるので感慨中止
 
ペトペトペトペト
 
 
 
 
 
 
塗ったところが、ほれ
 
P1150052.JPG
 
 
赤くなってきた
 
 
P1150051.JPG
 
 
 
流木についた黒髭ゴケが赤く  黒から赤へ
 
P1150056.JPG
 
 
 
んで、
 
しば~~らくすると
 
白くなってくるのな。
 
P1180106.JPG
 
 
白くなった苔はいつのまにか、なくなり、石も流木もきれいになります。
 
黒から赤へ、そして白へ
 
そんな不思議なペイント世界 水景画の世界
 
京都精華大学水槽学部。部員はねんがらねんじゅう募集中!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        ポチッと。いつもありがとうございます。
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ