ハチから学ぶ ~前編~

こんにちわ、部長のマックスです

自然への理解を深め

デザインに活かすべく

面白そうな事あれば

ヒョッコリ参加させて頂いております

今回はこちら

蜂の巣アップ前.jpg

またまた板倉先生(精華大学人文学部教授)にお誘い頂き

ハチミツ採集体験をしてきました

お邪魔したのは

森田農園.jpg

京都精華大学から徒歩10

森田農園さん

ビニールハウスの片隅に設置されている

ミツバチの巣箱

この辺りからでもハチの羽音がブンブン聞こえてきます

ハチミツ採集日はいつもと違う雰囲気を感じ取り

ハチが興奮しているとの事

蜂の巣ひき.jpg

ハチ毒アレルギー

アナフィラキシーショックの説明を受け

ピリッとした空気の中

防護服を着用し巣箱に近づいていきます

フタをとりはずし

燻煙器で煙を吹きかけて

ミツバチをおとなしくさせたり

移動させたり

燻煙器を使ってハチとコミュニケーション

煙.jpg
 

燻煙器の中には火をつけた新聞紙などが入っていて

紙が燃える事によって発生する煙を使用するので

ハチを傷つける事がありません

巣箱の中には

巣枠が複数枚入っていて

それを1枚づつ取り出していきます

蜂の巣アップ前.jpg

煙でおとなしくなったミツバチ
 

巣箱の外に出る事が少ない

繁殖の為だけに生きるオスバチ

雄ハチ.jpg

動いている姿を見れるのは貴重

目を引くのは

正六角形がビッチリと並んだ

リアルハニカム構造

蜂の巣アップ.jpg

軽量高強度
衝撃吸収性が高く断熱性に優れる

ヒトの生活の中でも

至る所で採用されている

イケてるデザイン

その美しく精巧な六角形の中に

うまそうな蜜ギッシリ!
おいおいおいっ
どーゆうこっちゃ

不思議な事だらけやないかー!
 

おーい、ハチーーー!

君たちに聞きたい事

いっぱいあるよーーー!

後編へつづきます

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

 

保存保存

保存保存