解体の日 その3

前回のつづき 

 

 

 

 

120センチ水槽を粗大ごみに出すため解体をします。

 

P9211489.JPG

解体はいたって簡単!
四隅のシリコン部分を切断すればよいのです
と、H2の半田さんに聞きました。

 

 

 

 

理屈はわかりますが、顧問はやったことありません。
シリコン部分にカッターの刃をあてただけでドキドキします。

 

P9211478.JPG

 

 

 

 

大丈夫かな……
ス~~~~~~~~~~~

 

P9211482.JPG

 

 

 

 

うわーーーー☆
何この感触~~~~~!

 

P9211483.JPG

 

 

 

 

ススス~~~~
ぐぐぐぐぐぐ~~~~~~
かなり抵抗を感じる部分もある
もっと太い刃でやんないと折れそう

 

P9211486.JPG

 

 

 

 

未体験の感触で なんとか下まで刃を入れました
反対側も同じように 刃を入れました

 

P9211487.JPG

側面を押したら倒れる状態…
なに?このシーンとしたかんじ…

ものすごいエネルギーを溜めた静けさ!こわい!

 

 

 

切り離しやすいように内側から刃を入れます

 

P9211493.JPG

 

 

 

 

ススス~~~~~~~~~~~ パカッ…
きたっ!

 

P9211492.JPG

 

 

 

 

うわ~~~~ なんかこわい!

 

P9211497.JPG

ずっしりと重いガラスを床に、そっと置きました。

 

 

たった5年間の使用で破棄処分は水槽の寿命からして早いと思います。

それは、顧問が、レイアウトのたびに大きな石をガラス面に
バンバン当てて傷だらけにしてしまったからです。

 

 

 

 

今年のコンテストは傷だらけの画像で出品となりました。
来年のコンテストは多分グランプリだし、そこで心機一転、新規の水槽!となったのです。

同じサイズの120センチのADA水槽を注文しました。
さて、残り3面。

 

P9211499.JPG

同じようにススス~~~~~ 3面、とりはずし

 

 

 

 

なんか慣れてきた
変なオブジェでけた。

 

P9211503.JPG

残り1枚も取り外し

 

 

 

 

120センチ水槽は5枚のただのガラス板になりました。

 

P9211504.JPG

あっけな~~~~~!

 

 

そういえば、解体のし方を訊いた際、H2の馬塲さんが
「水が入ったままやっちゃーダメですよ!」って

 

 

聞いててよかった~~~~~!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました