ぜんぶ、美のせい

顧問はサウナ好きのただの大阪弁のオッサンだけど
夕日が死ぬほどすきです。

 

 

 

夕日を見てると、永遠な気持ちになって
死んでるようになってます。

 

 

 

もしくは、そのときだけガッツリ生きてます。

 

DSC09591.jpg

 

 

 

 

顧問は子供の時から
夕日じゃなくても、昆虫の文様を凝視したり、トイレのタイルの形を楽しんだり、ガラス玉の中に吸い込まれ、湖面に反射する光のキラキラと一体化して、不思議な心理的感覚をどこまでも貪るガキでした。

 

DSC09590.jpg

そんな遊び(せずにはおれない)は大人になれば、自然とやめるものと思っていました。
子供の自分はいなくなって、すっかり大人の自分ができあがると思っていました。

 

けど、今でもその遊びはつづいています。

 

そのひとつが水草水槽。
子供の頃の自分は、今もはっきりと、オッサンになった自分の中にいます。

 

DSC09588.jpg

いつか、飽きるのだろうかと思いながらも
まだ飽きる予感がありません。水草水槽。

うっとりと眺める。
触る、調べる、実験や検証をしてみる。
ますます夢中になって水草への興味は拡がってゆきます。

 

なぜ、こんなことをしているのだろう…?

 

大人になった今の私はわかります。

 

DSC09586.jpg

光合成の気泡は息を呑むほどの美しさ。
顧問は、水草水槽を通して、この世界をはっきり分かるように描き記したい。
この世にある美しさは、人の心を静かに奮い立たせます。
せずにはおれないのです。

 

 

 

 

DSC09578.jpg

 

 

 

こんな文章を、柄にもなくうっかり書いてしまうのも
美の力です。

 

 

 

DSC09574.jpg

私じゃない、美のせい。

 

 

 

 

 

 

DSC09571.jpg

 

ネイチャーアクアリウムパーティー2016 オンライン応募受付開始!


応募完了!

 

 

みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

保存保存

タイトルとURLをコピーしました