マックス自宅水槽メイキング2016 体験編 その2

こんにちわ、部長のマックスです

 

「マックス自宅水槽メイキング2016 体験編」その2です。

 

作品制作につながるヒントを求め

 

手付かずの自然が多く残る
離島 佐渡島での自然体験

 

名称未設定 9.jpg

一日目の尖閣湾散策から打って変わり

 

 

 

 

二日目は
原生林に入り

名称未設定 8.jpg

金剛杉を目指します

 

 

 

 

今回トレッキングするのは

 

「新潟大学演習林」
この地域の原生林は新潟大学が管理しているため「新潟大学演習林」と呼ばれています

 

P9130603.jpg

 

入山には森林保全のための規約制限があり1日の入山人数を守りつつ
ガイドの指示の元でトレッキングする必要があります
整備されたルートではないので登山装備は中級登山程度推奨との事

 

 

 

 

少し敷居は高いですが
事前にガイドを予約
早朝からの入山に備え
登山集合場所に近い関集落の民宿に宿泊しました

 

名称未設定 3.jpg

 

偶然にも
この民宿かわぐちは天野さんが金剛杉を撮影した時に利用した民宿でした
しかも、明日のガイドは宿主の川口さんが担当との事

 

 

 

 

夕食をいただきながら
天野さんが特集された録画番組を見つつ

 

名称未設定15.jpg

 

宿主の川口さんに
撮影時のお話を伺う 贅沢な時間

 

 

トレッキングルートとスケジュールを確認すると
早朝から出発して帰ってくるのは夕方
山の中に休憩所はなくトイレは山頂付近に一つあるのみ
晴れていてもそこそこストイックな条件のトレッキングになるとの事

 

 

 

快晴を祈るも

 

 

 

トレッキング当日は

 

名称未設定 4.jpg

あいにくの雨

 

気をつけて登ればトレッキング可能という事で、無事に遂行されました

 

 

 

 

外海府活性化センターにて

 

名称未設定16.jpg

 

一緒に参加する数名の方々と合流し

 

 

 

 

トレッキングポイントまでは川口さん(ガイド)と車で移動

 

名称未設定 5.jpg

入山禁止区域を通過し(今回は許可を取ってあります)

 

 

 

小さなトンネルのような入り口から

 

名称未設定 6.jpg

入山

 

 

 

 

原生林という言葉から想像していたのは
屋久島の風景や

 

名称未設定17.jpg

ジブリ映画などで描かれる

 

 

 

雄大かつ静謐

 

 

 

美しく神秘的な

 

名称未設定 12.jpg

心癒される世界

 

 

 

 

一方、佐渡島原生林の

 

名称未設定 13.jpg

奥で待っていたのは

 

 

 

 

想像していたのとは

 

名称未設定 9.jpg

全く違う

 

 

 

癒しゼロの

 

 

 

頭ぐらつかせる

 

名称未設定 10.jpg

名称未設定 14.jpg

名称未設定 11.jpg

奇木の世界

 

 

 

 

次回、さらに奥へ

 

続きます

 

タイトルとURLをコピーしました