さらに、木立ちのボトル

顧問のタナカカツキです

 

 

 

以前、「木立ちの水景」と題してお届けいたしました記事ですが

 

20160726_997097.jpg

しばらく、この状態で楽しみましたが
維持管理できる自信がありません

 

 

 

 

水を抜いて、草もトリミングして
ラップで蓋をして、放置

 

草は根本からトリミングしましたが
また数ヶ月ほどの放置でこのようにモサモサしてきました

 

 

 

 

開封してみます

 

DSC00663.JPG

 

 

 

 

前回より、さらに木立感がでました

 

DSC00667.jpg

草は、キューバパールグラスです

水草水槽の素材では定番ですが、このように立て伸びするような姿で使用されることは少ないので
あらためて、キューバパールグラスという水草は有茎草だということがよくわかります

 

 

 

注水しました

 

DSC00677.jpg

 

 

 

 

 

 

 

このように、何度でも楽しめる
ボトル水中園芸です

 

DSC00682.jpg

木立の水景、この場合は魚は何が適当なのでしょうか?
エンドラーズではないな~~

 

 

 

 

 

水の量が少ないだけに、温度差にも気を使うし、養分も難しい
楽しめる期間も短く
注水してからのボトルでの維持管理は難易度高いな~という印象です
このボトル水景がどのような経緯で崩壊してゆくかも
記事にできたらと思います

 

 

本日は以上です

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

タイトルとURLをコピーしました