パレット水槽インターバル撮影

こんにちは顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

水草水槽って、全国民やったほうがいいと思っております。
理由はアホほどおもしろくて美しいからです。

 

 

 

部屋の中で生態系をサイクルさえる手応えというのは
体験しておくことにソンはありません。

 

 

 

この分野、まだまだ表現の自由が残されているなと感じます。
まだ誰もやってないことがたっくさんあります。
絵を描くのが好きな方なら毎日ワクワクしっぱなしでしょう。

 

 

 

では 水草をストックしておくための水槽
パレット水槽のインターバル撮影をみていただき
本日はおわかれです。

 

 

 

ありがとうございました!

 

水草の葉は点灯から2時間かけてゆっくりとひらき
消灯から、これも2時間かけて閉じるのが撮影によって
わかりますね。

 

 

 

タンクデータ
水槽サイズ●スリム 900(90×23×32cm)メーカー:アクアシステム
底床●軽石とナンキソイル (満田さんとこのナンキソイルは、1年3ヶ月経過しておりますが、うちではとっても相性がよいです)
照明●ヴォルティスホワイト×2
照射時間●一日10時間(この日の撮影は12時間)
ろ過●エーハイム エコ コンフォート 2234
CO2● 1秒に2滴
換水●2週に一度3分の1
pH●7 水温●26度
< /span>添加剤●カリウム溶液とメネデールをたまに。
セットからの年月●1年3ヶ月
メンテナンス生物●ヤマト、ミナミ、石巻貝
魚●グローライトテトラ、カージナル・テトラ(ワイルド)、アベニーパファー、ニューギニアレインボウ、ダニオキャスイット、グラスキャットとか、かなり多め。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました