使える流木、使えない流木 その2

顧問のタナカカツキ

 

前回のつづきです

 

 

 

さて、流木を購入するとき、気をつけなけれないけないのは
「使える流木」を買うことです

 

 

 

 

前回、見ていただいたこのようなフォルムの流木は
見た目いい感じですが、実際に使いこなすのは難易度が高いのです

 

IMG_9734.jpg

微妙な調整がきかず、これまで一度も使えたことがありません。
新品のままです。

 

 

使えない流木はほんとうにゴミを買ってしまったことになる…

 

 

 

 

「使える流木」というのは、小ぶりなものと
このような、なんの変哲もない素朴なものが使いやすいのです

 

IMG_9738.jpg

 

 

 

 

 

こんなのとか

 

IMG_9739.jpg

 

 

 

 

 

意外と、こんなのも

 

IMG_9740.jpg

 

 

 

 

 

使いやすい大きさに、自在に組み合わせて(画像は9本)

 

IMG_9757.jpg

いろんな方向、角度を試しながら、ひとつのイメージを造形します

 

 

 

 

組み合わせれば、フォルムは自在に無限に調整できます。
躍動感、生命感は思いのまま。

 

そして、この作業は時間を忘れるほど楽しい行程です。

 

 

 

 

八方に広がるひとつの流木を切断すれば、好きなように組み合わせられる素材となります。

 

IMG_9748.jpg

いい形の流木を切断するのは、最初すごく勿体なく、抵抗を感じますが、
質感も統一されていますから、劇的に「使える流木」となるのです。

 

 

 

 

 

流木素材に関して、十分準備ができたというのに

 

最近、岩組しかしてない…

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました