赤をどう使うか

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

赤い水草をポイントで使用することで
水槽内に、豊かな色彩の広がりを出すことができます。

 

 

 

 

 

その中でも、とりわけしっかりとした深い赤を出してくれるのは
ルドウィジアspスーパーレッド

 

 

 

 

 

とにかく、赤い。育成も難しくありません。

 

後景に使用すると、少し葉が大きすぎるので、中景より手前に
使用したほうがよさそうです。

 

 

 

 

こちらはアルテルナンテラレインキー

 

鮮やかな赤で、魅力的な草ですが
ヤマトヌマエビの食害にあい、維持しにくい。

 

 

 

 

葉の形も目立たず、画全体に馴染んでくれるのが

 

 

 

 

 

やっぱ、
レッドミリオフィラムです。

 

育成も難しくないので重宝します。

 

 

 

 

定番のロタラspHra

 

 

 

 

 

ニードルリーフ ルドウィジア

 

 

 

 

 

絵の具としての水草素材。

 

いつでも使用できるよう
しっかりストックしておきましょう〜

 

 

 

顧問のよく使う、赤系の水草を紹介させていただきました。

 

 

 

本日は以上でーす。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました