水ジャンキー

今日も電車で一時間半もかけてサウナに行った顧問のタナカカツキです

往復3時間かけてサウナに行くって、どういうこと?アホ?
ってかんじですが、ぼくはサウナジャンキーなので、この3時間も楽しい時間です!
 
 
 
旅行の前の日の準備から楽しいのと一緒
サウナに行けば、頭の中では次回のマンガのストーリィーを考えたりしているので同時に仕事もしています。ついつい不健康な心身になってしまう仕事柄、サウナで考える、ということは、今世紀の大発明なのです
 
 
 
と同時に
水草ジャンキーでもあるので
週に一度の換水も苦ではなく喜びです
ほれ、この気泡。換水後の気泡の見応えは格別
換水直後のこの気泡は水中に溶け込んだが炭酸ガスらしいです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サウナと水草には多くの共通点があります。
サウナでも石を使用します。焼けた石に水をかけてマイナスイオンたっぷりの蒸気を発生させます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サウナは水風呂とのセッションです
サウナ内で蒸されると身体に無数の水滴がつきます
これは水風呂で冷えた身体にサウナ内の空気中の水分が凝固してつくのです
冷たいガラスコップの表面と同じです。それと汗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サウナで大量の汗をかきます
休憩もわすれてはなりません。休憩では多めの水分をとります
身体を換水するかの如くです
 
 
 
 
 
サウナ、水草
サウナの本場フィンランドでは水風呂はなく、湖に入ります
そこには水草があったりして、本場ではサウナと水草はそれこそ物理的に寄り添っています
 
 
 
 
 
 
今、共通点を考えてたら、アホほどでてきてコーフンしてきたので
これは、この回ではまとまりきらん!今度まとめて書くとします
 
 
サウナと水草のことを考えていると、脳からモルヒネみたいな物質がでてくるのが分かります
身体が軽くなり、手が震えだしそうです
 
 
 
 
サウナ、水草、一番大きな共通点は四角くフレームされた水の中ということですね
ぼくは水ジャンキーのようです
 
 
 
 
 
 
水ジャンキー
日常との接点ギリギリやで~
 
ばいばーい!
 
 
 
 
 

 

気持ちいいツボを押すようなイメージで
ポチっ!ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ