使える水草

顧問のタナカカツキです。

こんにちは。
 
 
 
下草は
ニューラージパールグラスグロッソスティグマの混栽です。
 
 
前にご紹介させていただいた45センチ水槽の方は
ニューラージパールグラスヘアーグラスの混栽です。
 
 
 
 
ニューラージパールグラス、つい、1、2年前にはじめて聞いた名前の水草でした。
 
前景草のニュースターとして登場したニューラージパールグラスでしたが
「ほんとに這うの?」と疑いつつ、使用してみましたが
結果、ほんとに這いますね!
 
グロッソスティグマは条件によって、立ち上がったりしますが
ニューラージパールグラスはとにかく這うという印象です。
成長スピードも早いですね。
 
さすがに光のあたらない箇所はうっすらと立ち上がってます。
 
 
 
 
立ち姿もとてもよいかんじですね。
まあるい葉がかわいい。
 
(水草かわいいって、普通に思うようになっちゃったぞ!)
 
 
 
 
水上葉でも育成してみましたが、とくに問題なく、育ってくれます。
 
水上葉はもっとまるい。
 
まるくってかわいい。
 
かわいいわ~。
 
 
 
ちょっと、声に出して言ってみよう
かわいい!」
 
 
し~ん。
 
 
 
 
ニューラージパールグラスは
たしかに、前景草のニュースターです。
 
 
 
 
なにか問題があるとすれば
這いすぎるということでしょうか。
 
盛りソイルが時間をかけてなだれてゆきます。
まちがいなく這うニューラージパールグラスの上にソイルが徐々にたまってゆくのです。
 
するとどうなるかというと
まるでソイルに潜ってしまうようになること。
 
 
 
この箇所をホースでソイルのみを吸い出してみます。
 
 
 
 
 

 

ほーーら!
こんなに潜ってたんだよ!

 

ソイルの中にあった葉の色はくすんだりしていません。明るいライトグリーンを保持していました。
順調に這っていたということです。
上からソイルがなだれていただけ。
 
這うとうミッションを黙々とこなしていたんだと思えば、いとおしい。
 
 
 
 
 
ちょっと、声に出して言ってみよう
いとおしい!」
 
 
 
 
 
し~ん。
 
 
 
 
 
 
 
きれい!」
 
 
 
し~ん。
 
 
最近気になる水草はミニグロッソスティグマです。
グロッソスティグマの半分以下の大きさらしい。
そうとうかわいいのではないか…。
 
絨毯にしている方、いらっしゃいますでしょうか?
 
 
本日はこのへんで。
 
 
 
 
        ポチッと押していただけるとうれしいです
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ