マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その3

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その3です

 

 

 

レイアウトの骨格ができたら

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_b13.jpg

いよいよ 植栽です

 

 

 

流木へは陽が当たり
葉が茂るであろう箇所を中心に細かく刻んだウィローモスをのせていきます

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e03.jpg

名称未設定 11.jpg

接着箇所を隠す事も忘れずに

 

※植栽写真撮り忘れの為
写真はミスト管理中の写真です

 

 

下草はベースに ニューラージパールグラス

 

岩陰に ヘアグラスショート

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e05.jpg

下草と流木のつなぎとしてアヌビアスナナ プチ、ストロギネ レペンス

 

流木に一体感を持たせるようにオーストラリアン ドワーフ ヒドロコティレ

 

あとは、混ざってしまったリシア

 

 

 

ラップで上面を覆いミスト管理して

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e10.jpg

注水のタイミングを待ちます

 

 

 

ミスト初期は流木の上部は乾きやすいので
こまめに霧吹き

 

流木が水分を含み、モスが活着する頃には保水力が上がる為
乾きにくくなり管理がしやすくなります

 

 

 

ミスト育成は

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e86.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_e04.jpg

良好に進行してますが

 

 

 

気がかりなのはミスト管理中に
今回のレイアウトの象徴とも言える
枝箇所の流木が水分を含んで垂れ下がって来た事

 

 

 

応急処置として

 

名称未設定 9.jpg

針金で吊るすことにしました

 

 

 

 

枝を吊りながらのミスト管理

 

名称未設定 10.jpg

作り方、本当にこれであってる?

 

 

ギリギリの日々は続きます

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました