ガラス水槽の解体

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

 

先日リセットした学校120cm水槽

 

コンテスト出品に向けた
6年間のレイアウトの試行錯誤のせいでキズだらけ

 

 

 

そんなキズだらけ水槽ですが
今回のリセット作業で
水槽上部にガラス瓶を当ててしまい

 

小さなカケを作ってしまいました。。。

 

 

 

 

以前、このカケを小さいから大丈夫ではと
放置していたことによって
大惨事を招いた
経験があります

 

 

 

 

大惨事の様子はコチラ

 

水槽設置から6年が経過しシリコンの劣化も気になっていた事もあり
今回は大きな問題が起こる前に
水槽を買い換える
事にしました

 

 

 

 

古い水槽の処分ですが
学校の用務員さんが扱いやすいように
解体してからゴミ集積所に持っていきます

人手が多い方が安全に作業できるので
助手さんにも手伝ってもらいました
(助手さんいつもありがとうございます!)

解体経験者のカツキ顧問にアドバイスをもらいながら

 

DSC01953.jpg

カッターの刃を長めに出して

 

 

 

 

シリコン部分に

 

DSC01943.jpg

刃を入れていきます

 

 

 

 

最初は固く感じますが
刃の角度が定まり
体重がのって
ゾーンに入る

 

 

 

 

スーっと

 

DSC01951.jpg

刃が進んでいきます

 

縦に2本切れ目を入れたら
次は横のカット

 

 

 

 

板を支えながら

 

DSC01961.jpg

内側から軽く切れ目を入れ
板が動きやすくなったら

 

 

 

 

ガラスをゆっくりと

 

DSC01968.jpg

横に倒して

 

 

 

 

もう一回

 

DSC01974.jpg

スーッ

 

 

 

 

パカッと

 

DSC01986.jpg

あらっ
意外と簡単

 

 

 

 

これを4回繰り返し
5枚のガラス板にして

 

DSC01990.jpg

処分

 

 

 

 

仕上げは、カツキ顧問が買ってくれた

 

DSC01994.jpg

新しい水槽を設置
(カツキ顧問ありがとうございます!)

 

 

 

 

新品になり
指紋ひとつないピカピカ水槽となった
学校水槽ですが、来年のコンテストに向けて
ガシガシ汚していきまーす

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました