嵐の竹組レイアウト その3 ~それはそれは嵐のように~

 どうも、部長のマックスです。

 

前回、嵐を呼ぶ男 その2 ~竹組をデザインするというコト~

の続きでございモス。

 

タナカカツキ顧問の設計図を元に、まずは仮組していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問が構想を伝えます。

 

 

20110125_781383.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前例がないので正しいかどうかも分からず、しばしボーッとする部員達。

 

 

20110125_781385.jpg

 

 

迷ったらゴー!

前例がなくとも前進!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業はどんどん進めます。

 

今回の竹組は、奥行きを表現する為に3層構造にします。

 

 

20110125_781387.jpg

 

 

1層、2層

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20110125_781386.jpg

 

 

3層

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここで、もうひと工夫。

 

奥行きの狭い60センチ水槽

可能な限りの奥行きを表現する為に

3つの層の竹の太さに変化をつけます。

 

遠景、中景、近景の描き分け、美術の世界にも通じるコトですね。

 

近くのモノは太く、遠くのモノは細く。

 

今回準備した竹は太さが均一なので、

太さに変化をつける為に竹を割る事にしました。

 

近景はそのままの太さ

中景は1/2の太さ

遠景は1/4の太さ

 

でも、竹を割るってどうしたら良いの?

 

経験のない事はグロッソ野島さんと、

ウィローモス山口さんにご相談。

 

作家さんでDIYに精通しているお二人は

どんな難問にも応えてくれる水槽学部の頼れる存在です。

 

 

20110125_781410.jpg
 
 
今回は、グロッソ野島くんの竹割レクチャー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

20110125_781409.jpg

 

 

金槌を使って起用に割っていきます。(なるーほど、なるーほど)

 

 

 

 

 

 

コツが掴めて来た所で、部員達もチャレンジ!

 

 

20110125_781411.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーン

 

 

20110125_781412.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーン

 

 

20110125_781413.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーーーンっ! でけたー!

 
 
20110125_781414.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カーン
 
 
20110125_781415.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カーン
 
 
20110125_781416.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20110125_781417.jpg
 
 
カーーーンッ!
 
 
 
 
 
 

 

 

あちこちで竹を割り始める部員達。

部室(スタッフルーム/職員室)に竹を割る音が響き渡ります。

 

 

それはそれは嵐のように。

 

 

つづきマッスル!

 
 
 
 
 
 
 
↓バナーポリッとお願いしまっくす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

 

保存保存

保存保存