嵐の竹組レイアウト その4 ~嵐が残していった水景~

どうも、部長のマックスです。

 

 

前回の水槽学部員チンネンさんによるお掃除ブログ

独特な文章、お楽しみ頂けましたでしょうか。

 

 

さてさて、

「嵐の竹組レイアウトその3」の続きでございます。

 

 

 

竹を割った後は、竹を半分にきっていきます。

 

 

素材として購入した竹は1M、

これを半分に切って50cmにしました。

 

 

20110128_784107.jpg

 

 

作業に集中するタナカカツキ顧問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20110128_784108.jpg

 

 

カメラに気づくと、この通り。サービス精神旺盛で皆を楽しませてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材が準備出来た所で
 
 
20110128_784109.jpg
 
 
木綿糸で組んでいきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20110128_784110.jpg
 
 
京都の伝統工芸、竹細工。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20110128_784111.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
間隔を調整して
 
 
20110128_784114.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縛り箇所アップ
 
 
20110128_784115.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
準備が出来た所で
 
 
20110128_784113.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よいしょっ 水槽の中へ
 
 
20110128_784117.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでゲスト登場
 
 
20110128_784112.jpg
 
 
イラストコース教員の川添先生(写真右)
精華大学の卒業生でカツキ先生の同級生です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20110128_784116.jpg
 
 
簾をプレゼントしてくれました。
この簾はイラストコースの授業で葦ペンで絵を描く時に使ったものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何に使うかというと
 
 
20110128_784119.jpg
 
 
水槽の背面にレイアウトする事によって
4層目の竹が表現できてしまうんです。(お薦め!)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川添先生テンキューです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
微調整しつつ
 
 
20110128_784121.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よいしょっ
 
 
20110128_784125.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入りました
 
 
20110128_784126.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後ろからだとこんな感じ
 
 
20110128_784127.jpg
 
 
こんな水槽見た事ないですね。
 
 
 
 

長らく引っぱって来たこのお題も

いよいよ最終回

竹組水槽のお披露目をさせていただきます。

 

 

嵐を呼ぶ男タナカカツキ顧問が

この日、いったい何を残していったのか

 

 

 

 

 

~嵐が残していった水景~

 

 

 

 

 

タナカカツキ顧問の「水草宣言」より引用させて頂いた

メッセージとともにお楽しみください!

 

顧問も含め、まだまだ水草レイアウト水槽については知らないことばかり、

知らないおかげで奇抜で突飛な攻めの図案が生まれます。そんなレイアウト、どうやって「維持」するんだとか、コンテストでは「自然感」が大切なんだとかになっちゃうと、ただのお行儀の良いだけのレイアウトになりますからね。人の心を掴む美観、「印象」や「独創性」も忘れてはならない重要な要素です。奇抜、突飛、攻め、センセーショナル、エキセントリック、大いに結構!でもいつまでも無知でいられません。水草のこと、水質のこと、生態系のこと、知っていきましょう。知ることで縮こまるのではなく、デザインのこと、レイアウトのことも同時に理解、学習することで、魅力溢れる生きた絵を描くことができるはずです。そこはデザイン大学に任せろ!という鼻息で

 

タナカカツキ先生 「水草宣言」より引用

 

 

 
 
20110128_784143.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも応援ありがとうございます!
 
↓バナーポリッとお願いしまっくす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 
 

保存保存

保存保存