水草と観葉植物

顧問のタナカカツキです

こんにちは
 
 
 
 
 
 
一般的には水草の育生、維持は難しいとされてますよね?
されてないですか?
そこは今はどうなんでしょうか?
 
 
 
 
 
ソイルCO2添加機器のなかった昔は難しいとされていたと思います
 
当時のことはしらないのですけど、それはホント難しかったと思うんです
でも今は、どうなんでしょ、一般的にはどうなのかなあ?
 
 
 
 
 
 
自分でもよくわからないのですが
観葉植物は枯らせてしまうんだけど
水草はイキイキと生長、維持できてるんですよね
できてるように思います
 
 
 
 
水やりの少なくていい多肉植物でさえ、ダメにしてしまうのに、
なんで、水草はうまくいくのかなあ…。(育生難易度の高い水草は無視)
 
 
 
 
 
 
水草はコケ対策など、水質の管理など難しいことも多いという印象もあると思うんですが
確かに、自分としても、難しいという体験はあったものの、結局最後は水はできあがっちゃいました
 
 
 
 
 
 
水草から、植物のことを徐々に理解していって
最近では、観葉植物のトラブルもすくなくなったように思います
 
 
 
 
 
 
戸外にある花や、観葉植物よりも
水草の方が上手くいく理由が自分でもよくわかりません
今現在、戸外のバラはカナブンにやられて葉がボロボロになっております
写真でお見せできない程に)
 
 
 
 
 
よくわからないまま、
個人の体験としては陸上植物よりも水草のほうが難しくないという感覚です
 
 
 
水草は毎日のように水やりしなくていいから?
冬も温度が一定で照明もタイマー備え付け、環境の変化が少ないから?
美しいから?部屋にあるから?差し戻しでバンバン増えるから?
相性?
 
 
そもそも、水草を上手く維持管理出来てる気になってる?
すべては妄想?思い上がり?
 
 
 
 
 
 
みなさんはどうでしょう?
 
 
 
 

 

気持ちいいツボを押すようなイメージで
ポチっ!ありがとうございます。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ