ミスト式で立ち上げた45センチ水槽のその後

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

ミスト式で立ち上げた45センチ水槽
注水する前までしかご紹介でいきていなかったので
今回は、その後の経過のご紹介です

 

DSC04946.JPG

 

(前回の記事はこちら)

ミスト式時代到来 その1
顧問のタナカカツキです  顧問はサウナと水草水槽を友としております   サウナと水草水槽は一見別のものですがつきあっていると同じようなエッセンスを楽しんでいることがわかります どちらも箱のなかの自然とのつきあいです魂を開放する瞑想でございま

 

 

 

植栽し、密閉してから55日が経過して、いよいよモサモサに。

 

DSC05224.jpg

 

 

 

 

ガラス面の結露を除けば、ごく自然に立ち上がってる水草水槽に見えます。

 

DSC05100.JPG

 

 

 

 

55日間、ずっとほったらかしておりましたが
密閉から開放して、注水します。

 

DSC05241.jpg

8月、室内温度も高かったので、密閉された水槽内は森林のサウナのようでした。
よく、こんな高温に耐えたものです。

 

 

 

 

近くで見ると、元気な水草のシャキシャキ感が失われ、水を欲してるようです。

 

DSC05233.JPG

 

 

 

 

フィルターヒーターCO2機器などを取り付けますので
このシンプルな様相からはおさらばです。

 

DSC05229.jpg

もう、このままでいいんじゃないかとさえ思う けど、水の中に入った水草は美しいです。
お魚も入れば画面に彩りと動きも出てきます。

 

 

 

 

機器を取付けて、注水。

 

DSC05258.jpg

 

 

 

 

注水完了。

 

DSC05365.jpg

 

 

 

 

気泡

 

DSC05275.jpg

55日間密閉は長過ぎました

 

 

 

トリミングもします。

 

DSC05380.jpg
高温サウナ室から注水で環境激変、間髪入れずにトリミング。
水草にはたいへんなストレスが襲いかかります。
でも、すでに根張りもしておりますので
水草本来の力は十分発揮できるはずです。

 

 

 

 

ソイルの養分は水に溶け出さなかった分が
まだまだ十分に残ってると予想されますので
施肥はしません。
下地が見えるまでおもいっきりトリミング。

 

DSC05443.jpg

 

 

 

 

さらに植栽をつづけて、一気にレイアウト水槽を完成させます。

 

DSC05458.jpg

水槽後景にピンセットでザクザクと植栽。

 

 

 

 

だいたいこのようなかんじで植栽終了。

 

ゴミなどを取ってから、フィルター、ヒーター、CO2などの電源を入れます。

 

 

 

 

右隣りにある水槽の飼育水を使用したので、お魚も投入でレイアウトフィニッシュ!

 

DSC05560.jpg

コケ取りのヤマトヌマエビも数匹投入。

 

 

 

 

注水から一ヶ月と二週間が経過。

 

取り付け器具の目立たない時代に、はやくなってほしい〜〜〜

 

 

 

以上になりまーす!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました