わたしの絵の具箱

顧問のタナカカツキです

今年もよろしくお願いいたします
 
 
 
 
 
 
キューバパールグラスやニューラージパールグラスなどの下草
こんなかんじで、ミスト式でほったらかし管理
 
DSC06556.jpg
ここから、必要な分だけの素材を取り出し、コンテスト用の作品に使用したり、仲間にパスしたり
 
 
 
 
 
 
去年の9月頃の状態↓
 
DSC05513.jpg

底床添加剤
とソイルはニューアマゾニアを使用
 
水槽内の水分を逃がさないよう、ガラス蓋(サイズきっちりの)をして、その上からLEDライトをぽんと置くだけ
 
 
 
 
 
ミスト式管理は、とくに何もむずかしいことはしていません
 
DSC06557.jpg
コメント欄にいくつかのご質問にお応えしていますが
その中で、カビが出る、苔が出るなどのご報告を受けますが
私達はまだそのような状態を体験したことがないので適切なお応えができずにいます
 
対応策としては、カビの原因菌をミスト内に持ち込まないようにする
たとえば、寒天培養の草は使用を控えるとか、養分を吸ったであろう使い回しの流木や石
木くず、などがあると、そこからカビが発生しそうですよね?
できるだけ発生のリスクを少なくすることでしょうか
 
あとは、自然素材を使用した防カビシートを貼っておくとか?
試してないのでわかりませんが…
 
 
 
 
 
 
 
下草はミスト式で管理できますが
ミリオフィラムやロタラなど、水上葉だと葉の形が変形しすぎるものとか
水中でないとうまく展開しないものは水をいれてフィルターをまわして管理するしかありません
 
 
 
 
水草をストックしておく従来の通常管理のストック水槽です
 
DSC02420.jpg
 
 
 
 
 
 
こんなかんじで、アクリルの仕切り板で
サウナ室のような、ひな壇構造にしております
 
DSC01764.jpg
 
 
 
 
 
 
現状はこんなかんじになっております
 
DSC06644.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モサモサ~~~~~
 
DSC06656.jpg

を使用している理由は
その部分だけ取り出したり、置き換え、移動できるからです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC06630.jpg
全部の鉢を取り出せば、まるごと水槽を洗えると思います
 
やってないけど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかるべき剪定をして、レイアウトすればダッチアクアリウムにみせかけることができそうな気がしますが
美しいレイアウトのまま維持できそうにないのでやめておきます
 
DSC06650.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは、45センチ90センチスリム水槽
レイアウトとストックの中間的ポジションになっております
 
DSC06701.jpg
たまに追肥するくらいで、2週に一度の換水だけは欠かさず、なんとなく習慣化無意識管理
 
野外の園芸に比べて、環境の激変がない虫が来ないってだけで、これだけ管理が楽な水草水槽です
 
 
 
今年もこんなかんじで、このブログも習慣化無意識更新してゆきまーーす
 
ごひいきに、よろしくお願いいたします
 
 
 
 
 
          ポチッと押していただけるとうれしいです

 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ