水草の栄養素

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

水草の養分についてお話します。
すごく基本的な内容になります。

 

 

 

水草水槽を立ち上げ、作りはじめは
低床に敷いたソイルに養分は含まれています(養分系ソイルを使用されてると思います)

 

立ち上げ時は、養分過多になっていますので
水換えで、過剰な養分を外に出すメンテナンスをします。

 

 

 

 

3ヶ月もしてくると
水草の成長が以前よりも遅くなったり
色が抜けたり、葉が小さくなったりする水草がでてきます。

 

そこで、養分を水槽内に入れてあげる必要がでてきます。

 

 

 

 

植物が必要とする「3大栄養素」と言われているのが
「窒素」「リン」「カリウム」です。
その他、マグネシウムや鉄などの「微量元素」も必要となります。

 

 

 

「窒素」「リン」はフンや餌の食べ残しなどで水槽内で自然に生産されるので
あまり気にしなくてよいかもしれません。
「カリウム」「微量元素」の投入が必要です。

 

 

 

「微量元素」には、カルシウムや鉄、マグネシウムや硫黄などがありますが
主に「鉄」(水草が使用するのは「二価鉄」)を投入して
赤系の水草の赤みを出します。

 

 

 

 

顧問がよく使用する追肥

 

追加用の固形栄養素「マルトボトム」
最近は「ボトムプラス」という商品がリリースされたみたいです。

 

底床用固形栄養素 | ADA - PRODUCT - 底床システム
ADAは水槽や照明・CO2添加器具などの製品をデザイン・開発し、水草が茂り、熱帯魚が泳ぐネイチャーアクアリウムを提唱しています。

 

 

 

 

カミハタ 水草専用肥料OKOSHI(おこし)

 

 

 

以前。こんな検証をしました。

 

カミハタのOKOSHI(おこし)ってのがありました
水槽学部顧問のタナカカツキです。みなさま、こんにちは90センチの水草パレット水槽にはとくに液肥など与えておりませんので、そろそろ養分を添加したいなーと思いつつアクアメーカーカミハタさんのページをのぞいておりましたらこんな商品がありましたカミ

 

 

 

 

通称イニ棒
これもよく使用します。

 

 

 

 

そして、液肥

 

「グリーンブライティ・ニュートラルK」
「グリーンブライティ・ミネラル」
「グリーンブライティ・アイアン」

 

グリーンブライティシリーズ | ADA - PRODUCT - 液体栄養素 & 添加液
ADAは水槽や照明・CO2添加器具などの製品をデザイン・開発し、水草が茂り、熱帯魚が泳ぐネイチャーアクアリウムを提唱しています。

 

 

 

 

6本の水槽を維持管理しているので
すぐになくなっちゃう問題未解決!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました