本日の気泡

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

水草水槽は水の中の園芸です。

 

植物が必要とする、養分やCO2、光量

 

 

 

 

水槽内にバランス良く揃えると、水草は生き生きと育ち

 

たくさんの美しい気泡をつけてくれます。
もちろん、水質や温度も重要な条件です。

 

 

 

 

この気泡こそ、野外の園芸では体験できない、水草水槽の醍醐味の一つです。

 

ちなみに人類は、人工的に光合成を起こすことについて
まだ実現していません。

 

 

 

 

気泡を見るうっとりとした時間。

 

うっとりの時間は水草が私達に与えてくれる
瞑想の時間。

 

 

 

 

うっすらと、苔が生えてますね。

 

エビを投入したので
きれいに食べてくれるでしょう

 

 

 

 

水槽内には貝が発生することがありますが

 

この水槽には見受けられません。

 

 

 

 

目をぎょろぎょろさせたアベニーパファ
食べてくれてくれているからです。

 

 

 

 

 

ギョロギョロ

 

おなかポッコリ

 

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました