春のPLANTS DESIGN通信2021

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

 

定期的にご報告させていただいている
マックス部長のスピンオフ活動
室内園芸研究工房「PLANTS DESIGN」
冬から春にかけての進捗をダイジェストでご報告させていただきます

 

 

 

 

いつもの如く
水草水上葉や熱帯雨林植物など
湿性植物を健康かつ新鮮な方法で管理・育成する方法を探究しておりますが
この数ヶ月は
湿性植物をガラス容器の中で管理するためにデザインした
「リフトアッププランターのブラッシュアップ」
その「活用方法を研究」しています

 

 

 

 

「リフトアッププランターのブラッシュアップ」ですが

 

通水性や管理のしやすさ
ガラス容器に入れた時のバランスなど

 

 

 

 

機能性と意匠性を突き詰めていき

 

今はこんな型になりました

 

 

 

「活用方法の研究」に関しては
リフトアッププランターの

 

「ガラス容器の中に入れて水をプランターの下部で管理する」
という特徴をより活かすべく

 

 

 

 

小型モーターを組合せ
水の劣化を抑制すると共に

 

水面のゆらぎを演出したり

 

 

 

 

ミスト発生器を組み合わせて
湿度管理を自動化すると共に

 

霧(ミスト)のゆらぎを楽しんだり

 

 

 

 

育成を楽しむ中から

 

新鮮で楽しい管理方法を探究しております

 

 

 

 

引き続き
リフトアッププランターを中心に

 

植物にも人にも
心地よいプロダクトにしていくべく精進してまいります

 

 

 

 

PLANTS DESIGNからは以上でーす

 

 

 

PLANTS DESIGN|植物と人の関わりをデザインし より豊かな暮らしを創造する