世界の車窓から

こんにちわ、部長のマックスです。

春が待ち遠しいな~

 

 

世界で最もピュアな水槽フレームに引き続き

ヨーロッパレポート第2回目です。

 

 

美術とデザインの歴史と今を知る旅

 

 

美術はもちろんデザインや工芸

建築や博物館を観て回るんですが

 

 

パリ/オルセー美術館

 

 

 

美術やデザインに触れている時はそれに夢中

 

でも、移動中に心奪われるのは

やっぱり水草と自然、アクアリウム

 

 

 

こちらは徒歩での移動中に偶然出会った

ベルリンアクアタワー

 

 

 

このタワーの設置場所は

ホテルのロビー

引きで撮影してこの画角

 

 

お金を払うと宿泊客以外でもタワーの中に入れます

 

 

中に入ると圧巻のパノラマ

 

 

客室も丸見え

水草水槽でやってほしいな~

 

 

 

突然の出会いは電車での移動中にやってきます

 

 

 

ウィーンからプラハへ

 

 

ウルタヴァ川に反射する夕日

 

 

 

ベルリンから郊外の街デッサウへ

突然、平原が現れたかと思うと

 

 

見渡す限り続くストライプに牛が歩く

ナチュラルモーショングラフィック

 

 

 

神様がデザインした自然と動物達がつくりだす作品に感動

 

 

 

そして

プラハからベルリンへ

国際電車での移動中に出会った湿地帯

 

 

これだーーー!

探してたのこれだよ

ヨーロッパの生の生態系

 

運転手さんここで降ろしてーーー!

 

 

もちろん電車はベルリンまでノンストップ

 

 

 

↓気持ちいいツボを押すようなイメージでポチっ!ありがとうございます。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ