京都水族館 京の川ゾーン

こんにちわ、部長のマックスです。

 

海のない京都に念願の水族館が出来ましたー!

 

内陸では最大規模
海水は人口海水を使用

 

海がなくても魅力的な水族館は出来るんだっていう
京都市の攻めの姿勢とヤル気に乾杯!

 

 

京都水族館の特色を調べてみると
川文化が発達した京都ならではの
淡水展示が充実しているようです

 

これはすぐに確認すべし
早速、タナカカツキ顧問と視察に行ってきました

 

 

見所満載の京都水族館ですが
水草好きの注目スポットは
「京の川ゾーン」と「京の里山ゾーン」の2箇所

 

本日は「京の川ゾーン」についてレポートさせて頂きます。

 

 

 

写真は「京の川ゾーン」メイン展示
横幅20Mはあるかと思われる巨大なアクアテラリウム

 

 

 

 

大きな岩の間から岩清水が清流に流れ込み

 

 

 

 

湧水と霧によって
自然に近い湿度と幻想的な景観が再現され

 

 

 

 

細部まで丁寧に植栽活着された
苔やシダもイキイキ

 

 

 

 

水中に目を向ければ
気持ち良さそうに遊ぶ川魚の群泳

 

 

 

 

「京の川ゾーン」巨大アクアテラリウム

 

それは
水草好きの夢がギッシリ詰まった
生きた川の断面図

 

 

 

京の街に生まれた新しい川に乾杯!

 

 

 

次回は「京の里山ゾーン」をレポートさせて頂きます。

 

写真:タナカカツキ顧問

 

 

 

↓気持ちいいツボを押すようなイメージでポチっ!ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ