年季が入る

はーい!顧問のタナカカツキです
 
 
 
3月7日はサウナの日です
みなさん、サウナに行きましょー
 
 
熱いのをガマンして汗をかくだけのサウナの時代は終わりました
サウナは木に囲まれた室内で、ヴィヒタという植物を用い、冷たい外気浴で風を楽しむ
ネイチャーと一体化する、そう、水草水槽の野外版です!
 
 
ってのは飛躍しすぎでした
 
DSC00242.jpg

顧問アトリエ 水草ストック水槽(90センチスリムサイズ)

 
 
 
 
 
もともとサウナは苦手でした
サウナの良さがわかったのは数年前(突然わかっちゃったんですが)
ほんとにサウナが楽しくなったのは水風呂に入れるようになってからです
水風呂の冷たさは罰ゲームかのように辛かったのですが
慣れました。3年も入ってれば(3年もかかったのですが)水風呂は
冷たくなくなり、平気で、抵抗なく入れるようになります
それからサウナは加速するように楽しくなり
いまやそうとう依存状態にありますw
 
 
 
 
途中から楽しさがわかってくるのは、これまで何度も経験して
中学のときテニス部で、テニスがほんとに心から楽しくなった(思ったところにサーブが決まるなど)のは、やはり中学卒業の頃でした
 
 
 
 
楽しー!って思えるのには時間がかかる
 
DSC00241.jpg
 
 
 
 
やりはじめの頃の楽しさもあるけど(楽しくないとつづけられないんだけど)
数年後に、楽しさの質が変化するようです
 
 
 
 
DSC00140.jpg
水草レイアウト水槽もしかり
と言いたいわけで
 
 
そう、もう5年目
水草水槽をやりはじめたときのコーフンは今も覚えてますが
5年目の今が、心から楽しんで創作に没頭できる時期に突入したのかと思います
 
 
 
水草を育て、維持するなどの自然科学的な知識と体験
水質悪化に対応でき
水草や自然素材などのストックが十分にあり
メンテナンスや創作の手順が無意識にストレスなく行える
頼りになる仲間がいる、など、創作の基板が整った
 
 
そして、うっすらと、自分の創作スタイル(型のような、クセのようなもの)が見えはじめてます
 
dfgvd.jpg
今が旬、今がようやく楽しい時期、おいしい季節
5度目のコンテスト出品作品を作ってますが
肩の力を抜きながら創作できています
年月を経て、年季が入り始めた、ということでしょうか
 
 
 
 
 
 
呼び水飲んだり、ガラスパイプを割ったり、藍藻まみれになったり
ふりかえると、ああ、これまでは修行だったんだなと思えてきました
 
DSC00044.jpg
水槽学部諸君!
ゆえに、みなさんがレイアウトを本当に楽しめるようになるのは卒業後ということです!ザンネン!
卒業したら自分の水槽を立ち上げよう
そして、自然との共作による創造をつづけよう
レイアウト水槽に癒やしは必要ないからね
癒やされたくば、川面に揺れる自生水草を眺めるがよし!
水草レイアウトは、自然と人間の引き裂きあい!人の手が入りまくった違和感ある新造形で表現の幅を広げてゆこう!水草レイアウトはまだまだ保守的であってはならない(また別のエントリーでお話しします)
 
 
 
 

水草水槽は癒やしより笑いを!

 

DSC00153.jpg


長い修練の期間、器具もそれなりに年季が入ったようで

先月、アトリエのろ過器が故障し、つづいて一昨日は水槽学部のろ過器も調子がわるくなったようで修理に出しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました