美しくないと買わない その2

顧問のタナカカツキです

 

前回のつづきです

 

 

 

 

私たち水槽学部がよく行くお店、京都のWASABIさん
いつ行っても、ほんまキレ~~~!

 

 

メンテンナンスが行き届いております

 

水草の状態もよく、お店も明るく

 

 

 

 

完璧に美しいレイアウト水槽が維持管理されていますね~~~

 

 

うっとり…

 

 

 

 

こういうお店に来ると、本来アクアショップというのはこうでなきゃ!って思います

 

 

 

ショップの展示水槽を美しい状態で維持管理するのは
ほんとうに手間のかかる大変なことでしょう
メンテナンスの時間は限られてるだろうし
話の長いお客さんはいるだろうし(私)

 

 

 

WASABIさんは、いつ行ってもきれいです

 

IMG_0702.JPG

 

コケだらけの水槽が並んでる薄暗~いショップと
ぜんぜん経営の意識が違うんだろうなあ~~~

 

 

 

 

「こんなきれいな水槽が我が家にあったら…」とお客さんは想像が広がりますよね
それは具体的にどうすればいいのか?やさしく教えていただけます
リアルショップの意味がここにありますね

 

 

 

 

コケまみれ薄暗ショップは「魚」を売ってる

WASABIさんは「美」を売ってる

 

 

WASABIさんのインスタは3万超え

 

ネットショップもある、ブログもある
問い合わせも、お店とお客さんのパイプが大きく強くスムーズ

 

 

 

 

くりかえしになりますが
アクアショップにおいてお店の商品をいつでも
美しい状態で管理するのは大変なことだと思います
正しい育成の情報と経験、限られた営業時間、接客、人手不足、SNSでの情報発信、その他
やることは、てんこ盛り~~

 

IMG_0665.JPG

 

だけどー
売りたい商品を美しく管理、展示するするのは
当たり前のことだとも言えます

 

 

 

 

アクアリウムが飼育だけでなく
インテリアとしての楽しみ
それこそ、写真に撮ってシェアしたり
一枚の絵として作る喜びとして拡がってゆく未来
ショップのあり方も変化していくのではないでしょうか

 

 

ショップの管理水槽が美しくレイアウトされているというのは
今もっとも重要なことかもしれません

 

 

 

どれだけ魚の状態が良かろうか
パイプが汚れていたり、コケだらけだったりすると
そんなものは家に持ち込みたくない(家族の理解も得られないw)と思ってしまいます

私たちは「美しくないと買わない」のであります

 

 

 

 

ショップの経営としてはと~~~っても大変なことだと思いますが
WASABIさんのようなショップを見てしまうと
そうそう!こんな水槽を見たかったんだよな~~~と
あらためて感じてしまいます

 

自分でも美しく管理ができるのであれば、水草水槽やってみたい!と思えます

 

 

講釈すんません~~~

 

また来まーす!

 

 

           ポチッと押していただけるとうれしいです

                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

タイトルとURLをコピーしました