マックス自宅水槽メイキング2017 その2

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

前回、「マックス自宅水槽メイキング2017 その1」からの続きです

 

 

 

2017年作品は

 

 

川の侵食作用によって出来た渓谷をイメージ

 

 

 

 

 

 

スケッチを元に石を組んでいきますが

 

 

石を積み上げるだけでは

図案に近いデザインを再現するのは難しく

 

 

 

 

 

 

順調に進んでいると思っても

 

 

何か違う

 

 

 

 

 

 

そこで

小さな石を組み合わせて

大きな岩を表現する事を選択

 

 

固定には水中パテと瞬間接着剤を使用しました

 

 

 

 

 

 

ある程度石が組み上がったら

制作中の写真をベースに


 

水草が繁茂した完成イメージをスケッチ

 

 

 

 

一人で制作していると

客観的に判断出来なくなるので

 

 

 

 

カツキ顧問をはじめとする

CAJメンバーにアドバイスをもらい

 

 

完成イメージ(スケッチ)をバージョンアップ

 

 

 

 

 

より動きとスケール感のある風景を目指し

制作を進めます

 

 

 

 

 

突き出た崖は

複数の石を組み合わせパテで固定

麻紐と養生テープを使って仮止めしています

 

 

この方法は

カツキ顧問のメイキングで紹介されていた

セロハンテープでの仮止め

自分なりにアレンジした方法で行なっています

 

仮止めの工程は増えますが

固定箇所が増えた時に制作中の手にセロハンテープがくっつく事が無くなります

 

この方法で制作してみようと思われる方がいるか分かりませんが

固定箇所が少ない時はセロハンテープ

固定箇所が多い時はセロハンテープ以外での仮止めがオススメです

 

 

 

 

 

 

石組みが完成したら

 

 

ソイル漏れの防止とバクテリア繁殖領域確保のため

石の間に綿を詰めて

 

 

 

 

 

 

山でお借りした

 

 

木の根を配置

 

 

 

 

その3へ続きます

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 世界水草レイアウトコンテスト | 10:58 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
マックス自宅水槽メイキング2017 その1

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

カツキ顧問メイキングに続き

マックス自宅水槽2017作品メイキングです

 

 

 

世界水草レイアウトコンテスト2017年作品はこちら

 

©AQUA DESIGN AMANO

 

タイトル/流れの先

 

 

 

 

結果は世界ランキング491位でした

 

昨年の48位から大幅にランクダウンするという

残念な結果となりましたが

 

計5回に渡ってしっかりと振り返り

来年の制作につなげていきます

 

 

 

 

初期スケッチはこんな感じでした

 

 

 

 

 

作品のポイントは

 

消失点に向かって目線を誘導する

大きくカーブを描く水の流れ

 

水による侵食で

下に向かう程大きく削り取られている岸壁の造形とし

 

狙いと見所が明確で

シンプルだけど少し新しい印象を目指しました

 

 

 

 

いつものように袋入り軽石を敷いた上に

 

 

ペナックでおまじない

 

 

 

 

 

 

その上に石を組んでいきます

 

 

大きくカーブを描く水の流れを意識しながら

 

 

 

 

 

 

 

 

抉られた岸壁を作っていきます

 

 

 

 

 

 

組み始めたはいいものの

 

 

なんじゃこりゃ

 

 

 

 

 

理想に描く崖の姿と

目の前に広がる現実が 全く違う

 

 

 

 

自分が表現したい水景

 

 

 

 

 

これじゃない

 

 

これじゃない

 

 

その2へ続きます

 

ポチッと押していただけるとうれしいです

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 世界水草レイアウトコンテスト | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年、今年もよろしくお願いいたします。

今年も、水槽学部の水草ブログ

どうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

水草が大好きなみなさまにとって

よい一年になりますように

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 水草語り | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8

顧問のタナカカツキです

 

 

 

「天野尚 NATURE AQUARIUM展」は2018年1月21日まで開催しております

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

規格外の日本人。ネイチャーアクアリスト/写真家/競輪選手の天野尚をタナカカツキが語る

 

水槽の中に生態系が出来上がる!?マンガ家タナカカツキ氏がハマった「ネイチャーアクアリウム」に迫った!

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、シリーズ最終回です

世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8

 

どうぞ、おつきあいのほど

よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影の日がやってきました

 

 

 

 

今回も写真家の池田晶紀氏にお願いいたしました

いつも快く引き受けていただきありがとうございますよろしく

 

 

 

 

スタジオゆかいのメンバーも手伝っていただきました

感謝しかありません〜

ほんとにありがとう〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

タナカカツキ 世界水草レイアウトコンテスト2017 (世界ランキング14位)

 

© 2017 AQUA DESIGN AMANO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

14位!

グランプリのはずだったんだけど、あれ〜〜〜〜???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ、グランプリであろうと予想していたので

表彰式で流される受賞者のお言葉ムービーも、この日に撮影

 

 

 

 

 

CAJメンバーのカトウカズヤ氏(映像ディレクター)に撮影していただきました

 

写真家も映像もすべてプロフェッショナル!

すべて私の人徳の為せる業でしょう

謙虚さをもってしても、そうに違いありません〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え〜〜、コホン!

世界のみなさまこんにちは、今回グランプリをいただいたタナカカツキです

え〜〜〜通知を見たときは、ほんとに驚きました。まさか、ほんとに1位をとれるなんて…」

 

 

fgf.jpg

 

 

ってなかんじで、感謝の言葉で〆て、約10分の映像を制作

 

まったく徒労に終わりました…

カトウカズヤさま、ごめんなさい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の水草レイアウト界の王妃 ワタクシエリさんも撮影後日に見に来てくれました〜

 

 

 

 

何のキメのポースかわかりません〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、制作の過程です

 

 

 

© 2017 AQUA DESIGN AMANO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年がんばりまーす!
  

 

 

 

 

 

 

 

今年も、京都精華大学水槽学部の水草ブログを読んで頂きありがとうございました。

みなさま、よいお年を

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存

 

| 世界水草レイアウトコンテスト | 05:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ7

顧問のタナカカツキです

 

 

 

最初に予め、おことわりしておいたほうがよかったのかもしれませんが

水草水槽の「正しいつくり方」ではありません

ネイチャーアクアリウムの作法ということでは

その見本になるようなものではなく、コンテストに特化した自己流、試行錯誤の過程でございます

本家ネイチャーアクアリウム風レイアウトでは

わざわざ石を接着したり、人の手による細かい技巧丸見えなことはしません

あくまで、コンテストで上位に食い込む

まだあまり人のやっていない目に新しいレイアウトにチャレンジする

(でも結局ランキング下がっちゃった)水草大好きおじさんの

珍レイアウトの記録として楽しんでいただければ幸いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、前回のつづきです!ステップ7

 

 

 

 

 

 

 

石はしっかり接着されておりますが、万が一のため、糸をブリッジさせたままにしております

 

 

 

 

テグスを使っていたのですが、制作中、どうも手に引っかかってしまうので

もう少し目立つ、タコ糸に変更しました

ほんとは、色付きのテグスがあればよかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の表面にはウィーピングモスを活着させるため、0,2ミリのテグスでぐるぐる巻きにしております

石と石の隙間にもモスをねじ込ませます

 

 

IMG_3336.jpg

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換水は横に並んだのストック水槽と同時にやるので、水の通ってるホースをブリッジさせております

 

 

IMG_3339.jpg

 

 

この時期は、かなり安定期に入っておりますので水がピッカピカです

写真ではわからないですが、換水後の水草から出る気泡がえげつない量です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げです

 

 

細白砂で細流を描きます

下草をカットして、あらかじめ堀を作っておきます

 

 

DSC01407.JPG

 

 

毎度、試験管を使ってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地味な作業がモーレツに楽しいです

 

 

DSC01403.JPG

 

 

カメラを右手に持って撮影しながら、左手で試験管を少しずつ傾けて細粒を描く

その姿を本当は撮影したいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面に濃淡が出ました

 

 

DSC01412.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の根を設えて

 

 

DSC01298.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽、側面からのアングル

 

 

IMG_3393.jpg

 

 

糸が切れてきたので、テグスに変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修正箇所を示したプリントと照らし合わせて

 

 

 

 

細かなブラッシュアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お魚の投入

 

 

DSC01319.JPG

 

 

前回にひきつづき、テトラオーロです

このお魚が気に入っております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お魚投入で、水槽に動きが出ました!

 

 

 

 

石につく藻類の除去をしながら、全体が馴染むまで維持管理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はいよいよ撮影です

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

| 世界水草レイアウトコンテスト | 05:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ6

 

顧問のタナカカツキです

 

 

前回の続きでーす!ステップ6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常管理になると、石にうっすら汚れがついてきます

 

 

DSC01061.JPG

 

 

それを絵筆を使って、石の表面を撫でることで

汚れを落とし、石ほんらいの色に戻します

 

 

たいへん骨のおれる作業ですが

瞑想にも似た静かな創作の時間です

この時間は誰にも邪魔されたくない!一生死守!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどこの頃、ADAから新ツールが登場しました

 

 

DSC01075.JPG

 

 

これ、自分のためにADAがつくってくれたとしか思えない筆

石などに付着する藻類を擦り落とすためのプロ用ツールプロブラッシュ

 

すごくよくとれる!すばらしい!

 

歯ブラシや絵筆なんかより毛の硬い何かをずっと探し求めていたのだ

これで石磨きの作業がぐーーんと楽しくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ちょっと新しい試みをします(小手先の技)

 

 

IMG_3371.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石を水槽のフチにひっかけたい

 

 

IMG_3377.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりの表現するために↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し水面から出る感じ

 

 

IMG_3390.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そーゆーのをいくつか

 

 

DSC01214.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横から

 

 

DSC01216.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽のフチがぐっちゃぐちゃ

 

 

DSC01226.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥から手前に石が覆いかぶさるような造形

石の重みで崩壊しないよう、奥から手前に石をブリッジさせるのです

この暗がりが魚の住処となります

 

 

DSC01488.JPG

 

 

完全にクラフトの世界、水草のことほぼ考えてない

水草は勝手に育つけど、石は育たないので創るしかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 05:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ5

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

前回のつづきです ステップ5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下草も生え揃い、緑の絨毯もできあがりました

しっかり根張りしておりますので、急勾配が崩れる心配もなさそうです

 

 

DSC00969.JPG

 

 

ということで、注水します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽に水が満たされていく瞬間

 

 

DSC00979.JPG

 

 

毎年、ドキドキします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキ

 

 

DSC00986.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注水完了

 

 

DSC00998.JPG

 

 

ここからは通常管理に入ります

CO2を添加します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後景に有茎草も植栽しました

 

 

DSC01142.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石に活着してたと思った苔が…

 

 

IMG_2917.jpg

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ4

顧問のタナカカツキです

 

 

 

天野 尚 NATURE AQUARIUM展 好評につき期間延長決定〜〜!祝〜〜!

 

土曜、日曜はすごい来場者数でした

平日がおすすめです〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、前回の続きです ステップ4

 

 

 

 

 

 

下草の植栽がおわったので

ミスト式の管理です

 

 

DSC00764.JPG

 

 

積んだ石が崩れないよう、水槽の端から端にタコ糸のようなものを使ってブリッジさせております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋を閉めて、水槽内の水分を閉じ込め放置

 

 

DSC00768.JPG

 

 

たまに蓋を開け、細かい石を接着したり造形制作は継続しつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下草に使用したのは、ニューラージパールグラスキューバパールグラスです

たまにヘアグラスが意図せず混ざってます

 

 

DSC00726.JPG

 

 

ランナーを伸ばし、順調に展開しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約一ヶ月ほどでしょうか、下草は十分なくらいに育ちました

 

 

DSC00808.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石のそばに、ヘアーグラスで自然観の演出、僅かな量で控えめに

 

 

DSC00814.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストック水槽では後景に植栽する有茎草を維持管理

 

 

DSC01165.JPG

 

 

水景画は水草が絵の具です、この水槽はさながら絵の具箱、パレットの役割です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使用する、木の根も重要な素材

山に入ってお借りしてきました

 

 

DSC01101.JPG

 

 

結構丈夫なので何度か使用しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はベトナムクローバーも使用しようと思います

 

 

DSC00849.JPG

 

 

毎度応募作品は、コケを中心に使用した地味な方向なので

今回は色彩豊かな様々な水草種を使って、賑やかな画面にしよう〜!と、この時点では考えておりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ3

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

天野尚ネイチャーアクアリウム展

 

 

 

 

昨夜は、ディープなトーク内容にお付き合い頂き、ありがとうございました!

展覧会は好評により、開催期間延長決定〜〜〜〜!祝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、コンテスト作品の制作過程、前回の続きです ステップ3

 

 

 

DSC00429.JPG

 

 

これからさらに、細かい石をくっつけたりの作業ありますが、水草も育てなければいけません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソイルを入れます

 

 

DSC00458.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソイルはADAのNEWアマゾニアを使用しております

 

 

DSC00460.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽前面は白砂を敷く計画ですので

おもに後方の有茎草スペースにたっぷりソイルを盛ります

 

 

DSC00486.JPG

 

 

ソイルを敷くと、ぐっと様相がかわります

ソイルの臭いも顧問は大好きですので

このあたりの作業はワクワクします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石と石の間にも

 

 

IMG_1467.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

次は植栽の行程です

 

 

 

 

 

 

 

 

ストック水槽から、下草を拝借

 

 

DSC00511.JPG

 

 

ビリビリビリ〜〜〜と引き剥がして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫〜 細かく分けます

 

 

DSC00518.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下草の植栽(置くだけ)をしてゆきます〜

 

 

DSC00524.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンセットで一本一本…とかやってられないので

手でちぎって、ザクザク、サクサクと、置いてくだけ植栽

 

 

DSC00530.JPG

 

 

水草が乾かないように、霧吹きします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおよそ、こんなかんじ〜

 

 

DSC00546.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真正面から

 

 

DSC00549.JPG

 

 

後方は有茎草のスペースです

今はまだ水が入ってないので空けておきます

 

 

 

 

 

以上、下草植栽完了

 

 

 

 

 

ミスト式管理に入ります 次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 06:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ2

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天野尚 NATURE AQUARIUM展」まだまだ開催中でーす!

 

 

 

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、前回のつづきです!ステップ2!

 

 

 

 

 

 

 

 

石を積んでいきます

 

 

DSC00393.JPG

 

 

石はひとつひとつ接着してゆくのですごく時間がかかります

接着パテがしっかり固まるまで1日かかりますから、毎日、2,3個づつを目安に

コツコツ…

 

 

いっきに、レイアウトせず、一筆一筆

勢いや直感に頼らず、図面に従い、真顔の作業コツコツ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セロテープをブリッジさせて、仮固定しています

 

 

DSC00399.JPG

 

 

平べったいセロテープはとっても便利

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地道な作業ですが

中空にバランスをとる石をみてるだけで、緊張感もあっておもしろいです

 

 

DSC00402.JPG

 

 

なんの作業をしてるのか…水草レイアウト?どこが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背面、見えない部分はパテでベットベトに固定

 

 

DSC00411.JPG

 

 

(何を使って接着しているの?ってのは過去記事を掘っていただければと思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、なんかいい感じなので、このまま出品したい気分です

 

 

DSC00429.JPG

 

 

たくさんの龍王石を使います

6,7年間でたくさんの素材が集まりました

半分ほどが仲間から譲り受けたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部に覆いかぶさる造形部分をとりはずし

下草が生えそろうまで待機です

 

 

DSC00651.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面からの眺め

 

 

IMG_1190.jpg

 

 

岩肌にしっかり影ができるように、手前にかぶるように作り込んでゆきます

 

仮止めのセロテープで手を入れる場所がなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面から写真をとって、図案と見比べてみる

 

 

IMG_1207.jpg

 

 

地道な創作は次回へとつづく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 05:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/19)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    顧問 (01/18)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ8
    はねっこ (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    顧問 (01/18)
  • マックス自宅水槽メイキング2017 その2
    d03 (01/16)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/15)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    マックス部長 (01/14)
  • ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編
    ken (01/06)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ7
    顧問 (12/30)
  • 世界ランク14位の水草水槽のつくり方 ステップ7
    ナカムラ (12/30)

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH