2014年にむけての大作戦じゃ!

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

2013年のコンテスト発表をうけて
世界のトップレイアウターたちの緊急会議が開かれました。

 

 

 

はーーい!みんな集合ー!
話し聞いてー!(O氏)

 

こちらに注目っーー!(O氏)
参加メンバーはTAU(東京アクアスケイプユニオン)
D-aquariumの細川さん(会いたかったー!)
香港、中国からCAU(クリエイティブアクアスケイプユニオン)
われらCAJ(クリエイティブアクアスケイプジャパン)
インドからお見えの方もいます
そちらの方も、みんな話し聞いてー!

 

 

 

こっちに注目ーー!(O氏)

 

 

 

 

 

こっちこっち、こっちに注目だよー!
重要な話するよー!(O氏)

 

おーい!そっち、聞いてるの~~?
なんで、おれの作品、ものすごい水の中の水景なのに天野さんの点数わるいの?
みんな知ってるその事実?
日本語通じない?(O氏)

 

 

 

 

そんなかんじで、国際的な会議、次期コンテストにむけての対策が講じられます

 

 

 

 

 

世界コンテスト5位を勝ち取った松井くんの作品が
どのように作られていくのか、その制作過程、ノウハウ惜しみなく発表されます。

 

 

 

 

そして、世界2位の深田さんの作品が作られてゆく過程
怒涛の孤独な制作裏話
メンテの秘技、撮影までに水草の状態をマックスにもっていくためのノウハウも
惜しみなく情報を垂れ流していただけました。

 

 

 

 

すっげ勉強になる~~~!

 

まばたきももったいない貴重な勉強会
スーパード集中!息も止めたるー!んぐぐぐぐ~~…!

 

 

 

 

CAUのクリフさんの毎度目新しい作品がどのように作られてゆくのか
その発想法をお聞きしました。

 

 

 

 

トニーさん通訳サンキスー!

 

天才レイアウターのデイブ今回の作品の創作過程もしっかり見せていただきました。

 

 

 

 

貴重すぎる時間!
この時間におれは100万円払う(頭の中で)
もってけ!コソドロ~
二次会の飲み屋でも、スーパード真剣にコンテスト対策が練られます。
各国の代表が自分たちの考え方を交換。
戦国の武将達みたい。

 

英語と中国語が飛び交い、顧問は完全にチンプン…
適度に頷いてみて聞いてるふりで精一杯。
でもたぶん、水草の話しかしてないぞ、このオッサンたち!

 

 

 

 

このような勉強会をぼくらは一年間ずっとやってきた。
美しい構図とは何か、コンテストでの評価基準は何か、はやく次の作品を作りたい。
私達は来年はもっと上位ランキングをにぎわすことになるだろう。
顧問が目指すのはもちろん世界シングルランキング、9位以内。

 

2位の深田~!
5位の松田~!
次はおまんら超えちゃるけん覚悟せえやー!
日本人トップを奪っちゃるーーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

どんな汚い手を使ってでもな!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました