黄虎石でレイアウト

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

 

ミスト式による低床温度の検証で立ち上げました水槽を
注水し、レイアウトしてゆきたいと思います。

 

 

 

 

 

そのときの検証記事はこちら

 

https://seikasuisoubu.design/2019/02/20/冬期ミスト式における低床温度の検証%E3%80%80前編/

https://seikasuisoubu.design/2019/02/23/ミスト式における低床温度の検証%E3%80%80後編/

 

 

 

 

ほったらかしてたら、もっさもさになってしまいました。

 

 

 

 

 

今回のレイアウト素材は黄虎石を使います。

 

穴がボコボコ空いたおもしろい形状ですね。

 

 

 

この石、穴の方向が見た目にも派手
かなり目立ちます。

 

 

 

水景レイアウトの定番な石組み(石の先端が方々に開いたような)にしてしまうと
失敗してしまいそうです。

 

 

 

 

 

ここは安直に、穴の方向を揃えて
全体的にまとまった感じを出します。

 

角度をつけて全体を揃えるのも良さそうですが
今回は垂直に並べてレイアウトしてゆきます

 

 

 

ざくざく置いてゆくだけ

 

 

 

下草はミスト式で繁茂させておりましたので
根張りしております。
ぐっと差し込んでも、ソイルの崩れがなく、しっかり設置できます。

 

この水槽は、奥行きがなく、かなりのスリム水槽です。
後景の植栽スペースもなし。

 

 

 

 

注水します。

 

 

 

 

 

スリム水槽なので水量もなく、あっという間に注水完了

 

  

 

 

 

 

気泡のアップ

 

 

 

 

 

 

トリミングしました。

 

その後は
またの機会に報告させていただきます。

 

 

 

 

以上、黄虎石による90センチスリム水槽のレイアウトでした。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました