ろ材について、後編

顧問のタナカカツキです。

 

 

 

ろ材について後編です。

 

 

ろ材多孔構造小さな穴が隙間なくあるほうがいい。
というお話までいたしました。

 

 

 

 

ただし、ろ過バクテリアを活発に働かせるには酸素が必要!

 

 

 

 

 

そこで、
通気性がよく、繁殖する面積が多いろ材が、良いろ材となるわけです。

 

穴の空いたリングろ材のほうが通水性がありそうですね。

 

 

 

 

 

多くの酸素を供給できそうです。

 

ウールマット、タオルをろ材代わりにしていたこともありました。
バクテリアの住処となり効果もありましたが
すぐに目詰まりを起こし、メンテが大変なのでやめました。

 

 

 

現在はリングろ材を使っています。

 

このように、ネットに入れて使用。洗うときも便利です。

 

 

 

 

その他、耐久性や、コストなども重要ですね。
pHの上昇を抑制させる働きのある商品もあります。

 

 

ろ材は長く使用していると、目詰まり、形も崩れてきます。
pH抑制力も失ってゆきます。

 

 

 

 

交換が必要です。

 

顧問は、おおよそ2年くらいで新しいものと交換しています。

 

 

 

 

 

毎回いろんなメーカーのものを試しているせいで
現在は様々な形状のろ材がまざってる状態になっちゃいました。

 

 

 

でも、すべてリングろ材です。

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上でーす。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました